戻る TOPへ

元気爆発ガンバルガーの第46話


                  おれたちは元気爆発

ゴクアーク「ハハハハハ」

力哉「魔王サイアーク」

虎太郎「レツアーク」

鷹介「ゴクアークまで復活しちゃった」

ヤミノリウス「驚くのは早いぞ、ガンバーチーム。三大魔王の力を思い知るのはこれからだ」

ゴクアーク「人間共よ。我ら三大魔王の前に跪くがいい」

力哉「何だと!」

虎太郎「魔王が何人いたってやっつけるまでだ!行くぜ!」

鷹介「おう!」

虎太郎「ガンバーフレア!」

ゴクアーク「小賢しい」

攻撃が一切通っていない

サイアーク「フン、小癪なロボット共め」

虎太郎「俺達も合体だ!」

力哉、鷹介「おう!」

ゴクアーク「喰らえ!」

虎太郎「うわっ」

合体を妨害してきた

虎太郎、力哉、鷹介「うわーっ」

拘束されてしまう

虎太郎「しまった!」

力哉「動けない!」

虎太郎「くっ・・・」

ヤミノリウス「奴らはこれで動けんぞ。人間界がついに大魔界となる時が来たのだ!」

亜衣子先生「闇野さん」

ヤミノリウス「ハハハハ」

三大魔王の前に飛んでいく

ヤミノリウス「大魔王!魔導師ヤミノリウスでございます。何なりとお申し付けくださいませ」

ゴクアーク「下がれ!」

ヤミノリウス「はい!では下がらせていただきまーす・・・ん?あの、下がれとはどういうことで?」

ゴクアーク「忘れたとは言わせんぞ。お前の邪魔さえなければ儂が復活した時に人間界を大魔界に変える事が出来た」

ヤミノリウス「し、しかし、あれはよかれと思ってやったことで」

レツアーク「下がれと言うのだ!出来損ない魔導師が!」

ゴクアーク「もはやお前に用は無い!」

サイアーク「消えろ!」

ヤミノリウス「そ、そんな・・・苦労してお三方を復活させたのはこの私ですよ。なぜそんなことを言われるのですか?」

ゴクアーク「うるさい!」

ヤミノリウス「うわーっ!」

ヤミノリウスはコアラにされていた

ヤミノリウス「ん?お、お、おーっ!」

亜衣子先生「闇野さん!」

ゴクアーク「人間共よ、大魔界の力を見るがいい。やれ、サイアーク!」

サイアーク「おう!」

町に雷を落とす

サイアーク「フハハハハ」

「キャーッ、助けて!」

「わーっ」

虎太郎「このーっ!好き放題やりやがって!」

サイアーク「フハハハハ!今のはほんの小手調べよ」

ゴクアーク「次はお前だ、レツアーク!」

レツアーク「おう!」

町全体を闇に包みだす

レツアーク「ハハハハハ」

ゴン「大魔界の者共が現れ始めたワン!すぐに逃げた方がいいワン!」

亜衣子先生「はい!」

鷹介「このままじゃ、町が大魔界になっちゃうよ!」

力哉「虎太郎!」

虎太郎「くっ・・・」

千夏「みんな!」

かすみ「千夏ちゃん!」

純監督「亜衣子先生!」

ゴン「グズグズしとると大魔界に取り込まれてしまうぞ!早く逃げるワン!」

純監督「犬が喋った!」

かすみ「えーっ、ゴ、ゴン!あんた何で喋れるの?」

ゴン「今それを話す時間はないワン!」

千夏「かすみさん、実はゴンは・・・」

百合香「あ、防衛隊よ!」

武田長官「進め!進め!」

桂「パパ!」

武田長官「おお、桂!まだこんなところにいたのか。早く逃げるんじゃ!」

桂「パパ!防衛隊じゃ魔王に勝てないわ!」

武田長官「先生!桂のことは頼みましたぞ!」

桂「パパ!パパ!」

制止を聞かずに向かっていった

桂「パパ・・・」

亜衣子先生「桂さん、行きましょう。さあ」

武田長官「魔王共め!我らの力を見せてやる!攻撃開始!」

びくともしなかった

ゴクアーク「邪魔な人間共め!」

武田長官「な、何をしようと言うのだ?お、おお、これは!」

ゴクアーク、サイアーク、レツアーク「フハハハハハ」

亜衣子先生「みんな、あの電柱に掴まって!」

源造「年寄りには堪えるわい。わーっ!」

純監督「父さん!わーっ!」

亜衣子先生「純監督!」

千夏「源造さん!」

純監督「何だこりゃ?」

レツアーク「人間共め、お前達は我ら三大魔王のエネルギーとなるのだ!」

源造「何じゃと!」

純監督「そんなの嫌だよ!」

ゴクアーク「世界中の人間共取り込んでやる!ハハハハハ」

ヤミノリウス「すごい魔力だ!さすが三大魔王!あーっ!」

虎太郎「あいつらめ!許せねえ!」

力哉「虎太郎!モニターを見てみろ!」

虎太郎「ん?」

飛ばされかけている千夏達だった

虎太郎「あーっ、みんなが危ない!」

力哉「俺達の手で助けに行こう!」

虎太郎「よーし」

虎太郎達は降りて救出に向かった

ヤミノリウス「わーっ!あー助かった」

亜衣子先生「闇野さん!」

ヤミノリウス「ん?またお前か」

亜衣子先生「闇野さん、お願いです!あなたの力で町の人達を助けてください!」

ヤミノリウス「何を愚かなことを。私は大魔界の魔導師だぞ!」

亜衣子先生「そんな姿にされてもまだ」

ヤミノリウス「たとえ姿は変わろうと私は大魔界の者だ!あらーっ!」

亜衣子先生「闇野さん!キャーッ!」

みんなが飛ばされそうになる

亜衣子先生「も、もうダメだわ、キャーッ!」

イエロー「待ってろ!」

亜衣子先生「イエローガンバー!」

千夏「イエローガンバー、頑張って!」

秋絵「あー、もうダメ」

哲哉「秋絵ちゃん!」

ゴン「いかん!儂がいなければまだ我慢できるはずじゃ!」

イエロー「父ちゃん!」

ゴン「後は頼むぞ!」

千夏「父ちゃん?藤兵衛さんを父ちゃんって呼ぶって事はイエローガンバーの正体は・・・嘘?」

レッド「イエロー!今助けるぞ!」

イエロー「早く!早く!うわーっ!」

レッド「だーっ!」

電柱を引っこ抜いて差し出した

イエロー「わーっ」

レッド「頑張れ!今、引き寄せる!うおーっ!」

イエロー「早く!」

手が離れて飛ばされていった

レッド、ブルー「あーっ!」

イエロー「みんな!」

哲哉、秋絵「わーっ」

秋絵「痛い・・・」

哲哉「沈んでく」

秋絵「きゃーっ、助けて!」

桂「大丈夫よ!さあ、しっかり私に捕まってなさい!」

秋絵「お姉ちゃん」

純監督「怪我はなかったかい、百合香ちゃん?」

百合香「ええ、大丈夫です。鷹介君・・・」

ヤミノリウス「んー・・・これでは愚かな人間共と同じではないか!まさか、ゴクアーク様は私までエネルギーになさるおつもりなのか?」

亜衣子先生「キャーッ!」

千夏、かすみ、亜衣子先生が飛ばされてきて亜衣子先生の頭が埋まってしまう

亜衣子先生「く、苦しい・・・」

ヤミノリウス「はっ!サライヤー!」

亜衣子先生「あっ」

千夏「先生!」

亜衣子先生「はっ、私どうしたのかしら?」

千夏「ヤミノリウスが助けてくれたんです」

亜衣子先生「えっ、あなたが助けてくれたんですか?」

ヤミノリウス「フン!ただの気まぐれだよーだ」

亜衣子先生「闇野さん」

ゴクアーク「フハハハハ」

ブルー「そうか!この魔力の源はあの目なんだ!」

イエロー「えーい!ガンバルガーさえ動けばな!」

レッド「よーし!三人で行こう!」

イエロー「え?」

ブルー「そうだね。三人でどこまで出来るか分からないけれど、手分けしてやろう」

イエロー「よーし!一丁やったるか!」

レッド、ブルー「おう!」

三人も吸い寄せられる

イエロー、レッド、ブルー「うわーっ」

イエロー「二人共、頑張れよ!」

レッド、ブルー「おう!」

男性市民「あー、もうダメだ」

女性市民「お終いよ」

亜衣子先生「弱気になっちゃダメよ!」

千夏「そうよ!きっとガンバーチームが・・・」

イエロー「どいたどいた!おわーっ」

イエローが助けに来た

イエロー「とう!みんな、もう少しの辛抱だ!今すぐ魔力を解いてやるからな!」

ヤミノリウス「お前一人で何が出来る」

イエロー「へん、やってみなきゃ分かんねえだろ!おっ!何だこりゃ?」

千夏「イエローガンバー!危ない!」

イエロー「え?わーっ!」

間一髪で避ける

男性市民「イエローガンバー一人の力じゃどうしようもないよ」

女性市民「魔王になんか勝てっこないわ!」

千夏「そんなことないわ!ガンバーチームはいつだって私達を助けてくれたじゃない!負けるはずないわよ!信じて応援して!」

レッド「あっ」

レッドは持ち前の怪力で攻撃を食い止めている

哲哉「レッドガンバー、頑張れ!」

レッド「うおぉぉぉ!」

ブルー「わーっ」

ゴンが助けに来た

ブルー「おじさん!」

ゴン「儂が援護する。進め!」

ブルー「はい!」

ゴン「勝負の結果など終わってみるまで分からんのじゃ!そう簡単に諦めるな!」

亜衣子先生「ガンバーチームは魔王に勝ちますわ!絶対に勝ちます!」

ヤミノリウス「魔王に勝つなど無理に決まっている。フン・・・」

イエローはゴクアークの頭部に回り込んだ

イエロー「危ない、危ない。さて、目玉はどっちだ?ん?おおーっ!」

別の首が襲い掛かってきた

イエロー「このーっ!こんなもの!こんなもの!」

ヤミノリウス「なぜあいつはあんなにも頑張れるのだ?」

亜衣子先生「闇野さん。それは彼が町の人達を、そしてこの町を愛しているからですわ。その大事なものを守ろうと思うからこそ、あんなにも頑張れるのです」

ヤミノリウス「愛しているから・・・だと?」

イエロー「負けるか!」

取り込まれた市民達は一斉に応援し始めた

ヤミノリウス「こ、これは!」

千夏、かすみ、亜衣子先生「うん!」

千夏「イエローガンバー、しっかりー!」

かすみ、亜衣子先生「頑張れ!」

レッド「喰らえ!」

サイアークの首を殴りつける

男性市民「レッドガンバー、行け!」

桂、哲哉、秋絵「頑張れ!」

ブルー「たぁ!」

男性市民A「ガンバーチーム!頑張れ!」

男性市民B「そうだ、負けるな!」

男の子「ガンバーチーム、しっかり!」

男性市民C「魔王なんかやっつけろ!」

サイアーク「な、何だ?」

レツアーク「人間共から不思議な力が湧き上がってきている」

ゴクアーク「ぬ、ぬぅ・・・」

イエロー「おお」

男性市民A「イエローガンバー、俺達を道にして行ってくれ!」

男性市民B「そうだ!」

女性市民「私達を踏んで行って!」

イエロー「えーっ・・・うわーっ!」

男性市民A「さあ、行ってくれ!イエローガンバー!」

イエロー「み、みんな・・・」

レッド「本当にいいんですか?」

男性市民「そんなこと言ってる場合かよ!」

レッド「はい!ありがとう!」

ブルー「すみません」

イエロー「やった、到着!」

ゴクアーク「おのれ!」

イエロー「喰らえ!正義の鉄拳!」

捕まれてしまう

イエロー、レッド、ブルー「うわーっ!」

百合香「頑張って」

源造「やれ!」

純監督「負けるな!」

哲哉「レッドガンバー、負けるな!」

桂、秋絵「しっかり!」

かすみ、亜衣子先生「ガンバーチーム!しっかり!」

千夏「頑張って・・・頑張って・・・虎太郎!」

かすみ、亜衣子先生「え?」

イエロー「ち、千夏?」

男子学生「魔王め、俺達人間は大魔界なんかに負けねえぞ!」

女子学生「そうよ!エネルギーなんかにされてたまるもんですか!」

ゴクアーク「人間共から沸きあがってくるこの力は一体何だ?」

男性市民A「魔王め、どっか行っちゃえ!」

男性市民B「負けるもんか!」

ヤミノリウス「こ、これは?」

イエロー「み、みんな・・・よーし!」

レッド「魔王め!」

ブルー「僕達は負けないぞ!」

イエロー「そうだ、俺達は」

イエロー、レッド、ブルー「元気爆発だ!」

光が辺りを包み、魔王が苦しみだす。そして、市民達が解放されガンバルガーの拘束も解けた

虎太郎、力哉、鷹介「・・・・・」

いつの間にか搭乗していて、しかも合体まで完了していることに虎太郎達は呆然としていた

鷹介「あ!」

ゴクアーク「うおぉぉぉぉ!バ、バカな!」

サイアーク「我らの魔界パワーが人間に負けた」

レツアーク「なぜあんなパワーが?」

鷹介「魔王が一つになった!」

力哉「チャンスだ、虎太郎!」

虎太郎「よーし!おりゃー!ファイナルガンバーソード!」

雷光の中から剣を取り出す

虎太郎、力哉、鷹介「喰らえ!」

ゴクアーク、サイアーク、レツアーク「うぉぉぉぉぉぉ!」

お互いの顔を見合わせて

虎太郎、力哉、鷹介「やった!」

魔王に勝った事を喜んでいた

虎太郎、力哉、鷹介「元気爆発ガンバルガー!」

町は元に戻っていた

哲哉「やったやった!」

純監督「元に戻った」

源造「バンザーイ」

藤兵衛も元の姿に戻った

かすみ、やよい「あーっ」

藤兵衛「おお、今度こそ本当に戻れた!」

かすみ「お父さん!」

ヤミノリウスも元に戻る

ヤミノリウス「負けた・・・三大魔王が負けてしまった・・・」

亜衣子先生「闇野さん!」

男性市民A「おい、ヤミノこの野郎!」

ヤミノリウス「大魔王にも見捨てられ、地上を魔界に変える夢も消え去った。もはやこれまで!好きにするがいい!」

亜衣子先生「やめてください!」

ヤミノリウス「え?」

亜衣子先生「戦いは終わりました!もう敵はいません!この人は魔王に命令されてやっただけでこの人が、この人が悪いわけではありません!この人はいい人です。いい人です!」

ヤミノリウス「この期に及んでまだ私を信じているのか?」

男性市民B「そうか、大魔界は滅んだんだからもう争いはないよな」

男性市民C「そうだよな。折角平和が戻ったんだし」

男性市民B「うん」

亜衣子先生「みなさん、ありがとう」

ヤミノリウス「違う!」

亜衣子先生「闇野さん!」

ヤミノリウス「違う!大魔王に命令されたからではない!私は私の意志でやったのだ!大魔王など関係ないわ!私は大魔界の魔導師ヤミノリウスだ!」

姿を消した

亜衣子先生「闇野さん!闇野さん・・・」

哲哉「あ、ガンバーチームだ!」

イエロー「どうも、どうも」

男性市民「よくやったぞ」

女性市民「ありがとう、ガンバーチーム」

暖かい拍手が送られていた

哲哉「レッドガンバー!」

イエロー「あ、千夏・・・」

千夏「虎太郎・・・」

イエロー「え?」

かすみ「えーっ!」

千夏「虎太郎でしょ?顔見せて」

藤兵衛「もういいじゃろ。儂もこうして元に戻った。大魔界の呪いも消えたのじゃ!」

ブルー「魔王もやっつけたしね」

レッド「そうだよな」

イエロー「へへへ、よーし。じゃ、脱いじゃおうっと」

かすみ「虎太郎!」

鷹介の母「鷹ちゃん・・・」

哲哉「兄ちゃんがレッドガンバー・・・」

桂「力哉君・・・」

百合香「鷹介君!」

虎太郎「ははは、驚かせちゃったかな?」

千夏「虎太郎・・・」

藤兵衛「うむ。よかった、よかった」

しかし、藤兵衛の手が犬に手になっていた

藤兵衛「ん?おおっ、これは」

また犬になってしまった

虎太郎「そうだ千夏、これやるよ」

千夏「あ・・・」

虎太郎達も犬になってしまった

一同「あーっ」

源造「あらら・・・」

百合香「犬になっちゃった・・・」

虎太郎、力哉、鷹介「え?あーっ!」

千夏「こ、虎太郎!」

ゴクアーク「人間共よ、聞け!我ら三大魔王はまだ死んでおらん!人間共をエネルギーにしようなどと考えたのが失敗であった。もうこうなれば、人間界など消し去ってくれる!」

巨大な手となり地球を握り潰そうとする

鷹介「魔王がまだ生きてたなんて」

力哉「こんな姿じゃ戦えないぞ!どうすんだよ!」

虎太郎「くっ・・・」

inserted by FC2 system