戻る TOPへ

ヨッシーアイランド

オープニング


ものがたり・・・

むかしむかしのお話です…。
赤ちゃんとヨッシーのお話です…。

夜明け前の暗い空を、一羽のコウノトリが大慌てですっ飛んで行きます。
その嘴に、今日生まれる双子の赤ちゃんをしっかりくわえて、パパとママのところへ
急ぐ急ぐ!

と、そのとき雲の合間から猛スピードで突っ込んでくるひとつの影が!!

「キィー!ウキィー!
その赤ちゃん
       いただくぜ〜!」

そいつはそう叫ぶとすれ違いざまに赤ちゃんをひったくっていきました。
ところが何ということでしょう。ひったくったのはひとりだけ。
もう一方の赤ちゃん
は海に向かってまっ逆さま・・・。


そいつの名はクッパ王国の魔法使いカメック。クッパ一族に災いをもたらす双子が生まれるという夕べの占いにしたがって、コウノトリを待ちぶせしていたようです。
城にもどったものの、赤ちゃんをいとり捕らえ損ねたことに気づいたカメックは、手下を集めて命令をしました。

「もうひとりの赤ちゃんを探してくるので〜す!!
ふたりのパパとママには
         絶対渡しちゃいけませ〜ん」


一方、落ちていった赤ちゃんは、ラッキーなことに海ではなくて、とある島をお散歩中のヨッシーの背中に無事着陸したのでした。
しかも何かが描かれた地図と一緒に…。


ここはヨッシーアイランド。ヨッシーたちのすみかです。のん気で楽しいヨッシーたちも、こいつはたいへん一大事!
みんなで相談していると、赤ちゃんアッチアッチと指さします。
そう、さらわれた赤ちゃんの居場所がこの子には感じられるのです。
それならそういうことで、ヨッシーたちはみんなで赤ちゃんをリレーして運ぶことにしました。
まずはみどりのヨッシー。背中には赤ちゃんを乗っけて、赤ちゃんの指差す方向へと出発です。

inserted by FC2 system