戻る TOPへ

 ようこそ!
 ここはポケモンたちの世界へ通じる入り口だ!
 でも、ここを通る前に君に幾つか質問があるんだ。
 素直な気持ちで答えてくれ。
 用意はオッケーかな?
 では…………質問スタート!

*主人公ポケモンを決めるための質問が幾つかなされます。
*ここでは仮に主人公ポケモンをヒトカゲ、パートナーポケモンをゼニガメにしてあります。主人公、パートナーともに、どのポケモンになってもセリフはほとんど同じです。

ヒトカゲ:ここはどこだろう?夢の中なのかな?風が気持ちいい。……どこからか声が聞こえる……。誰だろう?
ゼニガメ:……。…………。………………。……おい。……おい、起きろ。起きろってば。

*森の中、ヒトカゲとゼニガメがいる。

ゼニガメ:お、気が付いた!よかった〜!!
ヒトカゲ:(こ、ここは……)
ゼニガメ:アンタ、ここで倒れてたんだぜ。起きてくれてよかったよ!おいらはゼニガメ。よろしくな!……で、アンタは?ここらへんじゃ見かけない顔だよな……。え?人間だって?でも、アンタ、どこからどう見てもヒトカゲだぜ。
ヒトカゲ:(ホ、ホントだ……。確かにヒトカゲになっている!……でも、どうしてだろう?何も思い出せない……)
ゼニガメ:アンタ……変なヤツだな……。じゃあ名前は?なんて言うんだい?
ヒトカゲ:(名前?……そうだ。名前は……)

*主人公ポケモンの名前入力。ここではそのままヒトカゲにしてあります。

ゼニガメ:ふーん。ヒトカゲね。なんか……おもしろい名前だな!
???:誰かぁー!助けてー!
ゼニガメ:おや?あっちから声が……。

*バタフリーが飛んでくる。

ゼニガメ:どうしたんだよ?
バタフリー:大変なのよ!うちのキャタピーちゃんが洞穴に落っこちちゃったのよ!
ゼニガメ:なんだって!?
バタフリー:急に地面が割れて、その中にキャタピーちゃんが!!穴から出ようにも、まだ幼いから自分じゃ出られないのよ!助けに行ったら、ポケモンたちが突然襲ってくるし……。
ゼニガメ:ええっ!?襲ってくるだって?ポケモンたちが!??
バタフリー:みんな、地割れに怒り、我を忘れているのよ!きっと!私の力じゃ襲ってくるポケモンたちにはかなわないし……このままじゃ……。ああっ!もう、どうしようかしら!?オロオロ……。
ゼニガメ:こうしちゃいられない。助けに行こうぜ!

*ヒトカゲとゼニガメは小さな森へ向かった。小さな森の地下4階に、キャタピーがいる。

キャタピー:……えーん。お母さん……どこぉ?……ぐすん。
ゼニガメ:助けに来たよ。
キャタピー:え?
ゼニガメ:お母さんが待っているよ。さあ、帰ろう。
キャタピー:うん。

バタフリー:この子も無事で……もう何とお礼を言ったらよいか……。
ゼニガメ:いや、いいってことよ。最近はなぜか地割れとか多くて危険だしね。でも、怪我も無くてよかったよ、ホント。
バタフリー:せめてお名前を……。
ゼニガメ:おいらはゼニガメ。そしてこっちがヒトカゲ。
キャタピー:……。カ、カッコイイ……。
ヒトカゲ:(な、なんか、憧れの目でこっちを見つめてる……。あんなにキラキラされると、ちょっと照れるな……。でも、こういうのも悪くないね。ヒーローになったみたいだし。困っているポケモンを助けてあげるのも気持ちいいかもね)
キャタピー:ありがとう!ゼニガメさんにヒトカゲさん!
バタフリー:これはほんの少しですが、お礼です。受け取ってください。

*ヒトカゲたちはオレンの実をもらった!更にモモンの実ももらった!更にチーゴの実ももらった!

バタフリー:ありがとうございました。では。
ゼニガメ:さっきは手伝ってくれてありがとうな。アンタ、なかなか強いじゃないか。見直したぜ。それで……どうすんだい?この後?
ヒトカゲ:(…………)
ゼニガメ:……なあ、ヒトカゲ。行くとこないならちょっと来いよ。

*ゼニガメはヒトカゲを一軒の家の前に連れてきた。

ゼニガメ:ここなんだけど……。
ヒトカゲ:(わぁ〜!なぜか嬉しい!!自分は人間なはずなのに、なぜかこの場所が気に入って喜んでいる!ポケモンの本能というか……シッポ振って喜ぶ感じ?というか……とにかく凄く嬉しい!これもヒトカゲだからこそ感じるものなのかな!!)
ゼニガメ:お、ヒトカゲ。感動しているな。やっぱりな。ここ、ヒトカゲなら住みやすいだろうなって思ったし……絶対気に入ると思ってたんだよ。これはお助けポスト。ポケモンたちの手紙がここに集まるんだ。キャタピーが落ちた地割れもそうだけどさ……ここのところ、色々な災害がなぜか急に起きているんだよ。そして多くのポケモンたちが、災害に苦しんでいるんだ。オイラ、そんなポケモンたちを助けたい。ポケモンたちが安心して暮らせる世の中にしたいんだよ。そこで……さっきキャタピーを助けた腕を見込んで……だ。オイラと一緒に救助隊をやらないか?ヒトカゲとだったら、世界一の救助隊が出来ると思うんだよ。どうかな?よし!決まりだ!今日からヒトカゲとオイラは救助隊の仲間だ!よろしくな!チームの名前は……えーと、まだ決めてなかったな。なあ、ヒトカゲ、どんな名前がいい?

*チーム名入力。ここでは仮に「ポケモンズ」にしてあります。

ゼニガメ:ポケモンズ!…………。うん。いい名前だな!しっくりくるぜ!救助隊ポケモンズ!明日から始動だ!頑張ろうぜ!

 こうしてヒトカゲとゼニガメの救助隊生活が始まったのです。

inserted by FC2 system