戻る TOPへ

ロックマンゼクス アドベント
エンディング(アッシュ編)
 
 
死闘の末、アルバートに打ち勝ったアッシュ。
 
アッシュ「何がロックマンの王よ・・・何が神様よ・・・
     世界が滅ぶだの、物語を終わらせるだの・・・!
     勝手に決め付けないでくれる?
     これはアタシの人生、アタシの物語なんだ!」
アルバート「それが・・・キミの出した答え・・・か・・・
       ・・・キミもまた、私が作ったロックマンには変わりない・・・
       キミは・・・私をも超えた・・・私の研究は・・・間違って・・・なかったのだ・・・
       さらばだ・・・アッシュ・・・!自らが選んだ・・・平和の中で・・・朽ちてゆくがいい・・・!」
 
アルバートはそういい残し、崩れ落ちた。
 
その時、部屋に爆発音が響き渡った。
モデルA「やばいぜ!アルバートがやられて、この要塞が落下しはじめてる!」
アッシュ「・・・最後の始末まで、手が込んでるわね・・・
     早くみんなのところへ・・・
     ア、アレ?・・・・・・体が・・・言う事・・・聞かない・・・おかしい・・・な」
 
アッシュの変身が解け、彼女は倒れてしまった。
モデルA「お・・・おい・・・!アッシュ!?しっかりしろ!アッシュ!」
 
 
隣の部屋では、ヴァンがヘリオス達との戦いを続けていた。
 
モデルX「ヴァン!ここはもう危険だ!アッシュを助けに行かないと!」
ヴァン「わかってる!でも、四対一ってのは欲張りすぎだったか・・・!」
 
その時、モデルZが自ら変身を解除した。
モデルZ「・・・先に行け。ここはオレが食い止める」
ヴァン「な、何言ってるんだ!?モデルZ!そんなのムチャだ!」
モデルZ「・・・心配するな。死ぬつもりはない」
 
モデルX「・・・行こう、ヴァン!モデルZを信じよう!」
ヴァン「その言葉・・・信じてるからな!」
 
ヴァンはアッシュが待つ部屋へと駆けていった。
 
ヘリオス「・・・美しき覚悟・・・友のために命を捨てるか」
モデルZ「死ぬつもりはないと言ったはずだ。それに・・・」
 
モデルZが光を放つと、ヘリオス達は動けなくなった。
 
モデルZ「モデルH達の事はオレの方がよく知っている」
テティス「くっ・・・何だ!?体が・・・重い・・・!
     どうした・・・モデルL・・・!」
アトラス「ライブメタルどもめ・・・!
     まだアタシ達に抵抗する力が残っているのか・・・!」
シャルナク「理解不能・・・理解不能・・・!?」
 
モデルZ「・・・ヴァン、アッシュの事はまかせたぞ・・・!」
 
 
 
ウロボロスは大爆発を起こし、崩壊していった。
 
 
 
アッシュ「うあああっ!」
アッシュが目を覚ますと、そこはハンターキャンプの一室だった。
アッシュ「・・・・・・あれ・・・?ここは・・・・・・?」
 
手元にいたモデルAが話しかけてきた。
モデルA「アッシューッ!
     やっと目が覚めたか!よかった!よかったー!
     オイラもう心配で心配でさあ!」
アッシュ「・・・・・・・・・・・・」
モデルA「ど・・・どうした?まだどこか痛むか?」
アッシュ「フフッ・・・アハハハハッ!何よ、今のはしゃぎっぷりは!」
モデルA「な、何だよ!いいじゃないかよ!お前はオイラの仲間なんだぞ!
     嬉しかったんだから、あれくらい当たり前だろ!」
アッシュ「アハハハハ!・・・心配してくれたんだね。
      モデルA、ありがとう」
モデルA「あ、ああ、それより外行こうぜ!ヴァンがお前の事を待ってるんだ」
 
外に出たアッシュは、あたたかな光を感じていた。
 
その時、ヴァンが歩いてきた。
ヴァン「体の方は大丈夫か?キミをかついで脱出するの大変だったんだぞ」
アッシュ「・・・それ、女の子に言うセリフじゃないわよ?
     それより、ウロボロスは?」
ヴァン「ウロボロスは跡形も無く崩れ落ちたよ。モデルVの反応も出てこない。
    ただのガレキになって、そのまま海に沈んでいった・・・アッシュ、キミのおかげだ」
アッシュ「エヘヘ・・・まーねっ!
     って言いたいとこだけど、ヴァンやみんなのおかげだよ
     ヴァンの言っていた通り、みんなの力がみんなの運命を変えたんだよ
     ところで、ヴァンはこの後どうするの?」
ヴァン「また、ガーディアンベースで仲間達と世界中をまわろうと思う。
    ・・・探し物も増えちゃったしな。
    アッシュ、キミは?」
アッシュ「アタシ?そうね・・・神様を名乗ってたヤツもやっつけちゃったし・・・
     すんごいお宝見つけて、レギオンズからこの世界を買い取っちゃおうかしら?
     ・・・なんてね、アタシは今まで通りハンターを続けるよ
     もっと色んなモノを見たいし、色んなモノを知りたいし、色んなヒトにアタシを知って欲しいから」
モデルA「え?え?じゃあオイラは!?オイラはどうしたらいいんだ!?」
ヴァン「自分の運命は自分で変える・・・だろ?」
モデルA「そ、そうか!
     えーと、それじゃあ・・・
     アッシュ!オイラも行くよ!一緒に連れてってくれ!」
アッシュ「誰が置いてくなんて言った?アンタはアタシのお宝で、アタシの仲間なんだからね!」
 
アッシュはモデルAと共に、走り出していった。
 
ヴァン「また・・・会えるといいな!」
アッシュ「いつでも会えるよ!これは・・・アタシ達の物語なんだから!」
 
そして、アッシュの物語は続いていくのであった。
inserted by FC2 system