戻る TOPへ

ロックマン&フォルテ〜未来からの挑戦者〜
エンディング(フォルテ編)

ディメンションズを倒し、ロックマン・シャドウのもとに着いたフォルテ。

フォルテ「ロックマン・シャドウ!ここまで来てやったぜ。
 そのにやけた笑いもそこまでだ。覚悟するんだな。」
ロックマン・シャドウ「とうとう来たか。約束どおり私の正体を教えよう。
   かつてワイリー博士は未来のロックマンを改造したことがあった。
   名前はクイント。私ときみのにおいが、似ているのはそのためだ。
   私は、その時造られたもう一人の、クイントだ!
   フォルテ、私たちが組めば、本当のロックマンなど敵ではない。
   未来のために手を組まないか?きみの求める強さが、手に入るぞ。
   二人で地球上のすべてを破壊する。
   そして、本当の世界最強を手にするんだ!」
フォルテ「なるほど…お互いワイリーのロボットだったってわけか。
 手を組んで、本当の最強になるってのも悪かねえな。
 だけど、俺は人に指図されるのは、気に入らねえんだ。
 それも大嫌いなロックマンの顔をしたやつに言われたくないね。
 俺は俺のやりかたでいく。まずはお前を、たたきのめしてやるぜ!」

そして、フォルテは死闘の末、ついにロックマン・シャドウを倒したのであった。

フォルテ「久々に手こずったぜ…まるで自分と戦っているようだった。
 やっと止めをさせたとき、何かが俺の中で変わったようだった。」
ロックマン・シャドウ「さすがだなフォルテ…きみが最強の名にふさわしい。
   実は、私は最強など求めてはいなかったのさ。
   私は、クイントの失敗作として、残されたロボットだった。
   だけど、自分を改造して、今のパワーをみにつけたのさ。
   そして、その力で地球上を、破壊しつくしてしまったんだ。
   未来の地球では、私を倒せる者がいない。
   だから私は時を越えて、自分を倒せるものを探しに来たんだ。」
フォルテ「なんだと…それじゃお前は、最初から負けるつもりだったのか。
 まさか、この俺様に手加減したんじゃないだろうな!」
ロックマン・シャドウ「これは真剣勝負だった。私は、本気だったさ。
   それより君も知っただろう?私と戦っていくにつれて…
   敵をくじいても、そのまた上の敵が現れるむなしさを…
   私はロックマンの姿をした、君の影だったのかもしれないぞ。
   ただ強さを求めることが、ロボットの生き方じゃない。
   私のようになるなよ。フォルテ…さらばだ。」

そして、ロックマン・シャドウは息を引き取った。

フォルテ「俺はロックマンのまねはしない。俺は俺のやりかたでいく。
 だが、いい勉強になったぜ。
 あばよ。」

Dr.ワイリーの秘密基地に帰っていくフォルテ。

フォルテ「ロックマン!貴様との勝負はおあずけだ。
 今日はスクラップにするのをカンベンしてやるぜ。
 だが、地上最強はこの俺だ!覚えとけよ!」


最後までプレイしてくれて どうもありがとう
また あおうね!

inserted by FC2 system