戻る TOPへ

がんばれゴエモン2
エンディング

からくり城の城主を倒し、ついにからくり城の財宝を見つけたゴエモンとエビス丸。
ゴエモン「これがからくり城の財宝か」
エビス丸「でへでへ、何が入ってまんのやろ?楽しみでんなあ」
ゴエモン「それでは、お宝をおがませてもらいやしょうか」
ゴエモンは宝箱を開ける。すると箱の中から光が発し、エビス丸のほっかむりにヒビが入る。
ゴエモン「エビちゃん…?」
驚くゴエモン。そしてエビス丸は煙につつまれ、それがおさまると、
エビス丸の代わりに、桃色の髪をした可愛らしい女の子が座っていた。
エビス丸(以下エビス)「ゴエモンさんありがとうございます。やっと、元の姿に…」
ゴエモン「いやいや、とんでもありません。しかし何故あのような…」
ゴエモンの顔が美形になる。
エビス「はい、実は…からくり城のお殿様に嫁になれと迫られ、断るとへんしんからくりの術であのような姿に…
    財宝があるなどと長い間ゴエモンさんをだましてごめんなさい」
ゴエモン「何をおっしゃる※うさぎさん(※美人を例える言葉?)
     あなたのような美しい方の為なら…はあ…はあ…はあ…」
今度は浮かれ顔になるゴエモン。
エビス「どうなされました?」
そしてまた美形顔になるゴエモン。
ゴエモン「いいえ、何でもございませんお嬢さん。それはさておきこれからどう……」
エビス「はい。国に帰ろうかと…」
ゴエモン「そうか…それがいい」
エビス「本当にどうもありがとうございました!さようなら、ゴエモンさん」
ゴエモン「でへへへへ…」
再びゴエモンは浮かれ顔になる
エビス「さようならゴエモンさん」

相棒エビス丸を助けたゴエモン。
しかしゴエモンの貧しい人々を助ける物語は明日も続く…

inserted by FC2 system