戻る TOPへ

これはポケモンスペシャルの第1章の物語です。

ある、のどかな南国の町「マサラタウン」に1人の少年がいました。その名は「レッド」。この町に
この少年にかなうトレーナーはいません。今日もまたちびっこ達の前でニョロゾ(水ポケモン)でモン
スターボールを使い、ニドリーナ(ノーマルポケモン)を捕まえました。
え?ポケモンって何かって?「ポケモンとは森や池に住む人間以外の動物のことさ!世界中でどのく
らいいるかは知られていない。でも、そのうち俺が全部捕まえてやる!」とポケモンマスターを夢に見
るレッド少年であった。
そこに「ロケット団」というポケモンを使って悪事をする悪の組織が「幻のポケモン」を探している
情報を知る。当然幻と聞いたらゲットしたくなる。そこでレッドは先に「幻のポケモン」をゲットする
という目標に向かってモンスターボールをたくさん持って西の森へやってきた。しばらくして「幻のポ
ケモン」らしきものと1人の少年(グリーン)との戦いを見る。と、グリーンは戦わせていたヒトカゲ
(炎ポケモン)を戻し、戦いを止めた。すかさずレッドはニョロゾを出したが、圧倒的な「幻のポケモ
ン」の強さに1撃でやられてしまった。グリーンは2回の攻撃でレベルの違いを見抜いていたのだ。だ
から戦いの途中でヒトカゲを戻したのだった。負けたことの悔しさでレッドは強くなるために、今まで
変なじじいと思っていたので近ずかなかった「オーキド博士」のポケモン研究所へ行くのであった。
このようないろいろな体験をしてニョロゾの他にフシギダネ(草ポケモン)、ピカチュウ(電気ポケ
モン)などを仲間にしてレッド少年の旅は続くのであった!!!

inserted by FC2 system