戻る TOPへ

超獣戦隊ライブマンの最終回
 

武装頭脳軍ボルトの本拠地、ヅノーベースに単身乗り込んだレッドファルコン。

彼が見たものは、ボルトの支配者・大教授ビアスが若返って少年となった姿であった。

ビアス「僕は大教授ビアスの頭脳を持ったまま若返り、“少年王ビアス”となったのだ!」

ビアスの繰り出す攻撃がファルコンに炸裂。

ファルコン「うわぁっ!!」

ビアス「僕にはたっぷりと勉強できる時間ができたというわけさ。僕はもっともっと勉強する。そして、大きくなったらもう一度、大教授ビアスになるのだ!」

ファルコン「何っ……!」

ビアス「その日を目指して僕の勉強はもう始まっているのだ! 頭脳獣、デンシヅノー!」

ビアスの方の角から光線が玉に放射され、それが最後の頭脳獣、デンシヅノーとなって出現する。

ビアス「やれ!」

ファルコン「ぐわぁっ!!」

デンシヅノーの攻撃により、レッドファルコンの変身が解け、天宮勇介の姿に戻る。

勇介「お……のれ……」

ビアスの足が勇介の顔を踏みつける。

ビアス「お前を今死なせるのは勿体無い。ヅノーベース、発進!」
 
 
大教授ビアスの崩壊!! 
 
 
衛星軌道上にあったヅノーベースが、地球上の地表近くへと降下して来る。

驚いて空を見上げる地上の人々。

「おぉっ!?」「何!?」「見ろ!」「何だ、あれは!?」

ヅノーベースの艦内。

傷だらけの勇介が十字架に架けられている。

ビアス「お客様を大事にしてあげなさいよ」

ガッシュ「ハイ・ビアス様」

ビアスの新しい誕生日という意味合いか、ビアスの掛けたテーブルの前に、ガードノイド・ガッシュがバースディケーキを置く。

ビアスが蝋燭の火を吹き消し、ガッシュが拍手を送る。

ビアス「デンシヅノー、総攻撃開始!」

デンシヅノーの操作で、ヅノーベースから砲撃が一斉に繰り出される。

ビル群が砕け散り、大地が引き裂け、人々が悲鳴をあげて逃げ惑う。

ビアス「地球をミンチにしてやる」

勇介「やめろぉ……やめろ、ビアス!!」

ビアス「まだまだ、こんなのはほんの遊びさ。子供の遊び。(大人の声)これからが本番さ……」

勇介 (こいつ……姿形は子供でも、心はまさしくビアス……!)

そのとき、ヅノーベース目掛けて突進するスーパーライブロボの姿が、艦内のスクリーンに映し出される。

勇介「スーパーライブロボ!」

コクピットではイエローライオン、ブルードルフィン、ブラックバイソン、グリーンサイ、そしてファルコンに替ってサポートロボットのコロンが操縦桿を握っている。

ライオン「行くぞ!」

コロン「えぇ!」

ビアス「カモン・ベイビー!」

スーパーライブロボが、ヅノーベース目掛けて決死の体当たり。

ビアス「うわぁっ!?」

ライブマン「わぁ──っ!」

衝突のショックで、勇介の十字架の戒めが外れる。

スーパーライブロボ、ヅノーベース、両者ともバランスを崩して地上目掛けて落下してゆく……

地上。

ライブマンの変身を解いた大原丈、岬めぐみ、矢野鉄也、相川純一、そしてコロンが地上へ降り立つ。

ヅノーベース墜落の衝撃で、大地が激しく揺れている。

丈「何だあの揺れは……? よし、行ってみよう!」

揺れの方角へ駆けつけた一同が、ヅノーベースの墜落現場を目にする。

純一「あっ、ヅノーベースだ!」

鉄也「やったぁ! やっつけたんだ!」

純一「やったぜ!」

丈「それより、勇介は?」

4人が駆けつけると、ヅノーベースの中から必死に這い出してくる、傷だらけのビアス。

だが丈たちは、少年の姿の彼がビアスだとは判ろう筈がない。

ビアス「おのれ……ライブマンめ」

丈「誰だ、お前は?」

ビアスがケンプの脳の入ったカプセルを振るい、丈たち目掛けて攻撃を繰り出す。

ビアス「愛しいケンプの脳は、色々と役立ってくれる」

丈「ケンプだとぉ……? じゃ、お前は!?」

そのとき、ビアス目掛けて勇介が飛び掛り、ビアスの手から脳のカプセルを弾き飛ばす。

めぐみ「勇介、生きてたのね!」

勇介「こいつはビアスだ!」

丈「えぇっ!?」

少年の姿のビアスが、力なくカプセルに手を伸ばす。

丈「この、子供が……ビアス!?」

勇介「大教授ビアスは、ケンプたちの脳を利用して若返り、少年王ビアスとなったんだ」

回想。大教授ビアスがケンプの脳で若返り、少年王ビアスへと若返る。

(ビアス『愛しいケンプよ……我に……若さを与えたまえ……』)

ケンプの脳のカプセルを取り戻そうとするビアスを、勇介が阻む。

しかしそこに銃撃。ガッシュとデンシヅノーである。

ガッシュ「ビアス様ニハ指一本触レサセヌ」

ガッシュが勇介を丈たち目掛けて吹き飛ばし、丈たちが慌てて受け止める。

さらにガッシュの銃撃が響く。

勇介たち「ライブマン!!」

一瞬早く勇介たちは変身し、銃撃をかわす。

5人揃ったライブマンと、ガッシュ・デンシヅノーとの戦い。

その最中、ビアスはケンプの脳を手にして必死に逃げる。

ドルフィン「あっ!」

ライオン「ビアス!」

ビアスを追い、ドルフィンが海岸へとやって来る。

地面に血が滴っている。

ドルフィン「血だわ……」

血が点々と、海岸の洞窟まで続いている。

洞窟の中から弱々しい声が響く。

ビアス「痛てぇな……」

ドルフィンが洞窟を覗くと、そこにうずくまっているビアス。

ビアスがドルフィンに気づき、脳のカプセルを構える。

ドルフィン「ライブラスター!」

ライブラスターの銃撃でカプセルが地面に転がる。

カプセルを追うビアスに、ドルフィンがさらにライブラスターを突きつける。

ビアス「痛てぇな……」

血の滲む腹を押さえてうずくまるビアス。

その姿に、ドルフィンは引金を引くことができない。

ビアス「撃てまい! 僕が子供だから撃てないんだ!」

ライブラスターを握る手に力をこめるものの、なおもドルフィンは引金を引けない。

ビアス「撃てない! お前には撃てないぞ! お前は僕に生まれ変わって欲しいと思っているんだ。お前の心ぐらい、手に取るようにわかるのだ! 僕が心を取り戻したら、真人間になれると思っている。そうだろ!? だからお前には撃てないんだ」

ドルフィンへと歩み寄るビアス。ライブラスターを突きつけながらも、次第に後ずさりしてゆくドルフィン。

ビアス「撃てるものなら撃ってみろ!! 撃ってみろ!!」

ビアスがケンプの脳のカプセルで攻撃を繰り出す。

ドルフィンの変身が解け、岬めぐみの姿に戻る。

ビアス「弱いな、めぐみ。その心の優しさが、お前の弱点だ」

めぐみ「いいえ……弱いのは、あなたよ」

ビアス「何!?」

めぐみ「あなたこそ、子供の心が残っているわ。また人生がやり直せるかもしれないと……別の生き方をすれば、別の人生があると……」

ビアス「……」

めぐみ「大教授ビアスになることより、そっちの方が素晴らしいかもしれないって……」

ビアス「黙れ、黙れ!」

めぐみ「あなたは、そんな心の底が判りたくなくて、あんなことを言ったの」

ビアス「違う! ……違う……」

めぐみ「たとえ頭脳はビアスでも、若返った体は正直に若さに反応するわ」

ビアス「……」

めぐみ「若いって素晴しい……生きるって、素晴しい……!」

ビアス「言うな!」

ビアスがケンプの脳のカプセルをめぐみに突きつける。

しかし──ビアスの意に反し、攻撃は発せられない。

ビアス「どうしたんだ……!?」

そのとき、カプセルの中の脳から、ケンプの声が響く。

ケンプ「俺も……俺も、戻りたい……俺も……」

変身を解いた勇介たちも、そこへ駆けつける。

ケンプ「懐かしい……子供のあの日へ……」

勇介「ケンプの脳が喋っている!?」

ケンプ「やり直せるなら……もう一度……!」

ケンプの意思に共鳴したか、ヅノーベース艦内の天才科学者たちの千点頭脳も、次々に覚醒し始める。

「地球だ! 地球に帰ってきたぞ!」「本当だわ! 地球の海よ! 私たちの故郷よ!」

「出してくれ! ここから出してくれ!」「体を返して下さい!」

「俺の青春を返してくれ!」「お願い!」「返してくれぇ!」「出してくれ!!」

千点頭脳の覚醒と共に、千点頭脳で若さを維持していたビアスが、本来の年齢である皺だらけの老人の姿へと戻ってしまう。

ガッシュ「ビアス様!?」

ビアス「おのれケンプ……よくもこの私に逆らったな……」

勇介「あれが本当のビアスの姿だ……!」

力なく倒れるビアスに、ガッシュが駆け寄る。

ガッシュ「ビアス様!」

ビアス「ガッシュ……」

ガッシュ「デンシヅノー!」

デンシヅノーが無数の戦闘兵ジンマーを率いてライブマンに挑む。

勇介「行くぞ!」

5人「ライブマン!!」

5人が決戦を前に最後の変身を遂げる。

幾多の戦いを潜り抜けた5人に雑兵のジンマーなど敵ではない。拳、蹴り、刃が次々にジンマーを一掃する。

デンシヅノーに戦いを任せ、ガッシュがビアスを連れて荒野を逃げる。

しかしそこへ、レッドファルコンが追いつく。

ファルコン「待てガッシュ、俺と勝負だ!」

ガッシュがビアスを地面に寝かせ、剣を抜いてファルコンを迎え撃つ。

レッドファルコン、ガッシュ、火を吹くような激しい鍔迫り合い。

両者の力は殆ど互角で、互いに一歩も譲らない。

ファルコンのスーツが裂け、ガッシュの装甲が砕ける。

ガッシュが銃を抜く。

ファルコン「ライブラスター!」

一瞬早く、ファルコンの銃撃がガッシュの銃を弾き飛ばす。

さらにその隙を突き、渾身のファルコンの剣がガッシュの右腕を斬り落とす。

ファルコン「ファルコンブレイク!!」

X字に振るう剣撃がガッシュに炸裂。

ガッシュ「グワァ──ッ!」

ビアス「おぉっ……ガッシュ……」

ファルコンを除くライブマン4人が、デンシヅノーに押される。

そこへファルコンが舞い戻り、デンシヅノーに攻撃を加える。

ファルコン「トルプルバズーカだ!」

ライオン「OK!」

ドルフィン「OK!!」

ファルコンセイバー、ライオンバズーカ、ドルフィンアローが合体してトリプルバズーカとなり、デンシヅノーに炸裂。

ファルコン「バイモーションバスターだ!」

5人の指令で必殺武器バイモーションバスターが転送される。

ライブマン「バイモーションバスター!」

バイモーションバスターが炸裂。

デンシヅノーが大爆発してしまう。

しかしそこへ、片腕を失ったままのガッシュが現れる。

ガッシュ「ギガファントム!」

巨大化光線ギガファントムにより、デンシヅノーが蘇生・巨大化する。

ファルコン「スーパーライブロボに急ぐんだ」

ガッシュ「ビアス様・シッカリシテ下サイ」

ビアス「おぉ……ガッシュ……」

ガッシュ「ガードノイド・ガッシュ・必ズビアス様ヲオ守リシマスゾ」

殆ど瀕死のビアスをガッシュが抱き、ヅノーベースの中へと連れて行く。

ビアス「ヅ……ヅノーベース……」

ヅノーベース艦内。

ビアス「ヅノーベース……発進……メインエンジン……ふ……噴射……」

ガッシュ「メインエンジン噴射」

スーパーライブロボが巨大デンシヅノーにスイングを繰り出す。

ファルコン「スーパービッグバースト!!」

最強武器のスーパービッグバーストが炸裂。

最後の頭脳獣、デンシヅノーは爆発し、敗れ去った。

ヅノーベース艦内。

メインエンジンが始動されたものの、艦内が爆発。あちこちから火花が吹き出す。

既に墜落の衝撃で、艦体が致命的な損傷を受けていたのだ。

ビアス「な……何だ……これは……」

ガッシュ「花火デス……ビアス様ノ地球征服ヲオ祝イスル・花火デス……!」

ビアス「おぉ……そうか……す……素晴しい……」

ビアスの耳に幻聴が響く。大勢の人々が自分を称える声……

「ビアス様──!!」「ビアス様──!!」「ビアス様──!!」

ビアス「ガ……ガ、ガッシュ……」

ビアスの手がガッシュを探し、力なく空を泳ぐ。既に目も見えないようである。

すかさずガッシュが、ビアスの手を力強く握り締める。

ビアスがガッシュの手を握り返す。

ビアス「聞こえるか……? こ……この声が……」

ガッシュ「……ハイ! 全人類ガ・ビアス様ヲ称エテオリマス! ……ビバ・ビアス!!」

ヅノーベースのもとへ、変身を解いた勇介たちが駆けつける。

次々に炎に包まれてゆくヅノーベース。ビアスを救い出そうにも、もはや手の施しようがない……

武装頭脳軍ボルトは最期を遂げた──。

ヅノーベースから何かが飛び出し、勇介たちの足元に転がる。

ガッシュの首である。

その目から光が放たれ、空中に映像が投影される。

かつての勇介たちの学び舎、科学アカデミアで月形、豪、ルイが裏切り、ボルトの幹部となった光景。

コロン「ボルトの戦いの記録だわ!」

そしてボルトとライブマンとの激戦の光景。

めぐみ「美しいものは、何一つ映っていないのね……」

鉄也「彼らはもっと、美しいものに気づくべきだったんだ」

純一「この星の、美しさにね……」

その言葉を象徴するかのように、彼らの傍らに美しい花が咲いている。

丈「なぜこの星が美しいか……それは、多くの命が助け合い、譲り合いながら一生懸命生きているからなんだ」

勇介「みんなと一緒に生きる素晴しさが判ってくれたら、決してこの星を支配しようなんて考えは浮かばなかったんだ……」

ナレーション「ライブマンは命の重さをかみ締めながら生きとし生けるもの心の前に敗れ去っていった者たちの記録を見続けるのであった……」

勇介たちが振り向くと、ガッシュの頭部が地中に深く埋まっていく。

山頂で空を見つめる勇介たち。
 
 
おわり
inserted by FC2 system