戻る TOPへ

電撃戦隊チェンジマンの最終回
 
 
さらば宇宙の友よ 
 
 
大星団ゴズマの支配者・星王バズーの秘密を探る為、伊吹長官、シーマ、ナナ、ゲーターは母艦ゴズマートに乗り込んだ。

伊吹「このデータを見ろ。もうすぐ地球にはハレー彗星が近づく……ところがそのハレー彗星に隠れるようにして、謎の星が地球に向かってるということだ! このまま行けば……その星は地球に衝突するんだ!」

ゲーター「何やてぇ!? ほなら、地球は!?」

伊吹「この大きさ、このスピードでぶつかられたら、地球は吹っ飛んでしまうぞ! このデータはゴズマートが、謎の星を誘導していた証拠だ。みんな、バズーの作戦に違いない!」

あちこちから火花が吹き出す。

ゲーター「大変や! ゴズマートが爆発するでぇ!」

ナナ「きゃあっ!」

伊吹「大丈夫か!?」

ナナ「助けて……剣さん……!」

一方、宇宙を行くシャトルベース。

艦内にはチェンジマンの剣 飛竜、疾風 翔、大空勇馬、渚さやか、翼 麻衣の5人。

さやか「剣さん、救難信号よ!」

剣「方位、AS-28・G1-04、フルパワー!」

シャトルベースがゴズマートに追いつく。

大空「ゴズマートだ……」

剣「みんな、乗り込むぞ!」

ゴズマート艦内に剣たちが乗り込み、伊吹長官たちを見つける。

剣たち「長官! ナナ!」「ゲーター!」「シーマ!」

そのとき、宇宙空間に星王バズーの姿が浮かび上がる。

伊吹「星王バズー……!」

疾風「バズー……?」

さやか「バズー!」

剣「あいつが……星王バズー!」

バズー「チェンジマン! 伊吹! そして……裏切り者どもよ! よくもこの星王バズーに逆らい、楯突いてくれたな? だがこのワシの最後の作戦は、もう止められんぞ! まずお前たちから、血祭りに挙げてやる!」

あちこちで爆発が起き、艦の崩壊が進む。

ギョダーイが悲鳴を上げながら逃げ惑う。

ギョダーイ「ギョダ〜イ……ギョダ〜イ!」

ナナ「ギョダーイ!? ……ギョダーイも助けてあげて!」

大空「よし、任しとけ!」

一同は何とかゴズマートの爆発から逃れ、シャトルベースに逃げ込む。

麻衣「え……地球に星がぶつかるんですか!?」

伊吹「間違いない! ゴズマートのデータ分析によると……あと24時間!」

さやか「24時間……!?」

疾風「ハレー彗星の宇宙ショーに見とれている間に、そんな恐しい星が近づいているなんて……」

剣「何としても、食い止めるんだ!」

剣たちが操縦席につくが……

麻衣「おかしいわ……? 現在位置が出てこないわ!」

剣「何!?」

大空「コンピューター、計算不能です!」

さやか「シャトルベースは方角を失っているわ!」

剣「!?……地球は……どこだ!?」

疾風「ダメだ……太陽も見えない……ハレー彗星もどこかわからない……俺たちは、宇宙の迷子になっちまったんだ!」

シーマ「どうしたらいいの……? こうしている間にも、恐ろしい星がどんどん地球に向かってるのよ!」

剣が呆然と宇宙空間を見詰める。そのとき、宇宙の彼方に、光り輝くものが……。

疾風「どうした、剣?」

剣「何かが光った……おい! 何だあれは……こっちに来るぞ! 見ろ!」

シャトルベースの前方にメモリードールが出現する。

疾風「メモリードールだ……」

剣「メモリードール……」

麻衣「どうしてここに……!?」

シャトルベース艦内に、メルル星人さくらが姿を現す。

疾風「さくらさん……!」

さくら「皆さんとお別れしてから、ずっと宇宙の平和を願って参りました。悪魔の星を止めてください……さぁ、メモリードールがご案内します!」

さくらが思念を込め、メモリードールを動かす。

剣たちが再び操縦席につき、メモリードールを追う。

さやか「ハレー彗星よ!」

シャトルベースの前方にハレー彗星、そしてその尾に隠れて謎の惑星が。

伊吹「ついに見つけたぞ……!」

剣「これが地球を狙っている星かぁ!」

突如、シャトルベースを衝撃が襲う。

謎の惑星からの凄まじい引力により、シャトルベースとメモリードールは強制的に惑星上に不時着を強いられる。

剣「みんな、行くぞ!」

4人「よし!」

一同が変身。

チェンジドラゴン、グリフォン、ペガサス、マーメイド、フェニックスとなり、謎の星の大地に降り立つ。

空中にバズーの巨大な姿が浮かび上がる。

バズー「よくぞ、我がゴズマスターに辿り着いたな。だがお前たちがいくら力を合せても、もはやこの星からは生きて帰れんぞ! 私に逆らっても無駄なことを、思い知らせてやる!」

ドラゴン「バズー! みんな、行くぞ!」

4人「よし!」「OK!」

無数のヒドラー兵が出現。

ドラゴンがチェンジソードで難なく切り捨てる。

だがいくら倒しても、地面からヒドラー兵が次々に出現してくる。

ドラゴン「一体どうなってるんだ!?」

ヒドラー兵が突然消え去ったり、また突然出現したりと、次第にチェンジマンを翻弄し始める。

ペガサス「逃げるな、このぉ!」

グリフォン「うわあっ! いつものヒドラー兵と違うよ、これ!」

ペガサス「ヒドラー兵がこんなに強いなんて、どうなってるんだぁ!?」

マーメイド「どんどん出てくるわ!?」

フェニックス「これじゃ、きりがないわ!」

ペガサス「バズーだ! バズーがヒドラー兵にパワーを与えてるんだ! バズーを狙うんだ!」

一同「よし!」「チェンジソード!」

5人が空中のバズー目掛けて一斉射撃。

だがチェンジソードのビームはバズーをすり抜け、逆にバズーから放たれた攻撃がチェンジマンを襲う。

一同「うわあぁぁ──っ!!」

苦しんでいるチェンジマンを見かね、伊吹長官が咄嗟にシャトルベースから飛び出す。

伊吹「行くぞ! バズ──ッ!!」

その姿が真の姿であるヒース星人ユイ・イブキの姿へと変わり、さらに光球と化し、バズー目掛けて突撃。

伊吹「だぁぁ──っ!!」

バズー「うわぁ──っ!!」

ドラゴンたち「長官──!」

バズーの姿が掻き消える。

伊吹も吹き飛ばされて人間の姿に戻り、大地に転がっているメモリードールに叩きつけられ、メモリードールが粉々に砕ける。

ドラゴンたち「長官──!」

チェンジマンたちが伊吹に駆け寄る。

地面にバズーの姿が浮かび上がり、巨大な口で6人を飲み込んでしまう。

ドラゴンたち「うわあぁぁ──っ!!」

不気味な空間へと吸い込まれる6人。

ドラゴンたち「長官!」「しっかりして下さい!」「一体ここはどこだ!?」

伊吹「あれは……バズーではなかった!」

ドラゴン「え!?」

伊吹「ホログラフィー……ま、幻だ」

フェニックス「何ですって!?」

グリフォン「じゃあ……本当の星王バズーは?」

6人のいる空間が激しく脈動し、不気味な霧が噴出して6人に浴びせられる。

ペガサス「おい、みんな気をつけろ! 体が溶かされるぞ!」

四方八方から触手が伸び、6人を締め上げる。

ドラゴン「みんな、チェンジソードで斬るんだ!」

チェンジソードで触手を叩き斬り、何とか拘束を振りほどく。

ドラゴン「早く、ここから脱出するんだ!」

長官「気をつけろ!」

空間内を逃げ惑い、どうにか脈動のない穏やかな場所へ逃げ込む。

フェニックス「ここなら安全ね……」

伊吹「この星は生きてるんだ……さっきの場所は消化器官。私たちは溶かされて、食べられるところだったんだ」

ドラゴン「そうか……わかったぞ! この星がバズーなんだ、この星全体が星王バズーなんだ!」

ペガサス「何だって、この星が……!?」

ドラゴン「いや、星じゃない。正確に言えば、こいつは星の形をした、とてつもなく巨大な生命体なんだ!」

虚空にバズーの姿が浮かび上がる。

バズー「その通り……チェンジマン。ワシは宇宙の生命体を食い尽くして大きくなってきた。今度は地球を食ってやる!」

ドラゴン「そんなことをさせるかぁっ!!」

バズー「わしの体の中からは出られぬ!」

ドラゴン「黙れ! 伊吹長官は命懸けでお前の正体を暴いてくれた! ナナちゃんやシーマ、ゲーターにさくらさん、皆が勇気を出して、協力してくれたんだ! それを無駄にしてたまるか! みんな、それに応えるのが俺達チェンジマンだ! 最後まで頑張るぞ!」

4人「よし!」「OK!」

バズー「黙れっ!!」

バズーの口から火炎が吹き出し、チェンジマンたちに浴びせられる。

逃げ惑う一同。

グリフォン「さっきの場所に戻ってしまった!」

ペガサス「どうすりゃいいんだ!?」

そのとき、一同の傍らにバラバラのメモリードールが転がっている。

彼らと共に飲み込まれたらしい。

ドラゴン「メモリードール……そうだ! パワーバズーカでギョダーイに合図して、メモリードールを巨大化させるんだ!」

4人「よし!」「OK!」

ドラゴン「ドラゴンズーカ!」

グリフォン「グリフォンズーカ!」

ペガサス「ペガサスズーカ!」

マーメイド「マーメイドズーカ!」

フェニックス「フェニックスズーカ!」

一同「パワーバズーカ!!」

ドラゴン「セット!」「ファイヤーッ!!」

5人のズーカ砲が合体、必殺砲パワーバズーカが火を吹く。

いつもパワーバズーカで倒れた獣士を巨大化させている条件反射か、砲撃音を聞いたギョダーイがシャトルベースを飛び出す。

ナナ「ギョダーイ!?」

シーマ「ギョダーイ、待って!」

ナナ「どうしたの、ギョダーイ?」

ギョダーイ「ギョッギョギョギョギョ〜ッ!」

砲撃音の方向目掛けてギョダーイが巨大化光線を発射。

メモリードールの破片に光線が浴びせられる。

ドラゴン「やったぞ!」

ペガサス「ギョダーイの巨大化光線だ!」

砕けていたメモリードールが修復され、巨大化し、ゴズマスターの大地を突き破る。

裂けた大地から、チェンジマンと伊吹長官も姿を現す。

ナナ「みんな、無事だわ!」

伊吹「おぉ! メモリードールが巨大化したから脱出できたんだ」

空には地球の姿が。

ペガサス「ち……地球があんな近くに!」

ドラゴン「早くしないとぶつかってしまうぞ!」

伊吹「みんな、早くシャトルベースに戻れ!」

一同「はい!!」

一同がシャトルベースに走る。

ドラゴン「俺たちはチェンジロボに乗り込むんだ!」

4人「おう!」「OK!」

ドラゴン「行くぞ!!」

4人「おう!」「OK!」

チェンジマン5人がチェンジロボに搭乗。ゴズマスターを飛び立つ。

ドラゴン「電撃剣!!」

電撃剣を構えたチェンジロボが、ゴズマスター内部へと突入。

ドラゴン「みんな……覚悟はいいな?」

グリフォン「死ぬときは一緒だ!」

マーメイド「OK!」

ペガサス「よっしゃ!」

フェニックス「うん!」

ドラゴン「電撃剣・スーパーサンダーボルト!!」

バズー「う……!? うわああぁぁ──っっ!!」

チェンジロボの電撃剣の前に、ゴズマスターは宇宙の藻屑と化した──

富士の裾野。

剣たちチェンジマン5人と電撃戦隊の隊員たち。

伊吹長官、ナナ、シーマ、さくら、ゲーター一家、ギョダーイ。

地球人一同と、宇宙人一同が向かい合う。

剣「敬礼っ!!」

剣の号令で、一同が敬礼を交わす。

伊吹「宇宙には、バズーに破壊された沢山の星を再建する仕事が残っている。私はそのために……一生を捧げようと思う」

剣「長官……!」

チェンジペガサス・剣 飛竜。

チェンジグリフォン・疾風 翔。

チェンジペガサス・大空 勇馬。

チェンジマーメイド・渚 さやか。

チェンジフェニックス・翼 麻衣。

5人の心に、今までの戦いの記憶が蘇る。

伊吹をはじめとする宇宙の仲間達が、シャトルベースで宇宙へ飛び立つ。

剣たちが大きく手を振り、それを見送り続ける。
 
ナレーション「戦いの中で宇宙人とチェンジマンに様々なドラマが生まれた。どんなに遠く離れていても……姿形は違っていても宇宙に生きとし生ける者すべて愛し合い、信じ合い、平和を願う気持ちは同じなのだ。地球で芽生えた愛と信頼を乗せて今シャトルベースは宇宙へ帰って行く……」
 
 
 

おわり
inserted by FC2 system