戻る TOPへ

高速戦隊ターボレンジャーの最終回


(前回からのハイライト)

ナレーション「大封印は、ダーボビルダーの地底奥深くにあった」

ターボビルダーの地下、大封印の中で蠢く108体の暴魔獣。

博士「そうだったのか……ターボビルダーを建設する時、私はこの場所を、妖精の古い地図に従って選んだのだ」
力「ターボビルダーは、ただの基地じゃなかったんですね」
博士「あぁ……大封印を押さえる、大切な役目があったのだ」

宇宙に浮かぶ暴魔城から、ガーゾック戦闘機の編隊が出撃する。
かっとび暴魔ズルテンも自ら、その1機に乗っている。

ズルテン「よぉし、行くぜ!」

ガーゾックの砲撃がターボビルダーを揺るがす。

洋平「遂にネオラゴーンが暴魔城で攻めてきたぞ!」
はるな「大封印が破れたらもう終わりよ!」
力「ターボビルダーは最後の砦、命に代えても守り抜くんだ!」
4人「おぉ!」

5人がターボビルダーの操縦席につく。
砲撃を浴び、ガーゾックが撃墜される。

ズルテン「わぁ〜! ネオラゴーン様ぁ〜!」

力「もはやネオラゴーンを倒すしかない!」

ターボビルダーの外に、変身してターボレンジャーとなった5人が現れる。

レッド「行くぞぉっ!!」
4人「おぉっ!!」


青春の卒業式


宇宙空間に浮かぶ暴魔城の中、大帝の間。

ネオラゴーン「むぅっ!?」

城内にターボレンジャーが突入してくる。

ネオラゴーン「ターボレンジャー!」
レッド「ネオラゴーン、勝負だぁ!」
ネオラゴーン「たわけっ! ここまで来たことは褒めてやるが、暴魔大帝ネオラゴーンに勝とうなどとは、虫が良すぎるわぁ!」
レッド「行くぞぉ!!」
4人「おぉっ!!」

5人がネオラゴーンに挑むが、次々に跳ね飛ばされる。

イエロー・ピンク「ターボレーザー!」

2人がターボレーザーを放つが、ネオラゴーンは難なく跳ね返し、逆に触手を伸ばして2人を捕らえる。

ブラック「おのれぇ!」
ブルー「だぁっ!」
レッド「ネオラゴーン!」

3人が次々に挑むが、全く通用しない。
触手を伝って電撃がイエローとピンクを襲い、2人が吹き飛ばされる。

イエロー・ピンク「あぁっ!」
ブルー「大丈夫か!?」

さらにネオラゴーンの猛攻が唸り、瓦礫が5人の上に降り注ぐ。

5人「わあぁぁ──っ!!」
ネオラゴーン「ワハハハハ……大帝の間が墓場とは、お前たちには過ぎた場所だ」
「ハハハハ……」
ネオラゴーン「むぅっ!?」

笑い声の方をネオラゴーンが振り向くと……そこには流れ暴魔ヤミマルの姿が。

ヤミマル「ネオラゴーン……!」
ネオラゴーン「おのれヤミマル、どうしてここへ!?」
ヤミマル「俺こそ、人と暴魔、2つの世界の王となるのだ!」
ネオラゴーン「身の程をわきまえぬ奴がまだいたかぁ!」

ネオラゴーンが攻撃を繰り出すが、その攻撃はヤミマルの体をすり抜けてしまう。
そしてヤミマルの姿が消える。

ヤミマル「ハハハハ……」
ネオラゴーン「むぅっ!?」
ヤミマル「ここだここだ! ハハハハ……」

ヤミマルが別の場所に現れる。
ネオラゴーンが攻撃を繰り出すが、またしても攻撃がすり抜け、ヤミマルの姿が消える。
そしてネオラゴーンの影の中に、ヤミマルの姿が浮かび上がる。

ヤミマル「ハハハハ……見たか! ヤミマル闇隠れの術!」


地上。

野原を走るキリカ。
つまづいて転倒し、その拍子にペンダントが地面に落ちる。
ペンダントにヤミマルの姿が浮かび上がる。
暴魔城で不適に笑うヤミマルとは裏腹に、その表情は苦痛に歪んでいる。

キリカ「ヤミマル! ヤミマル……いけない! 闇隠れを使い過ぎると、死んでしまうわ! やめてぇ──っ!!」


暴魔城、ヤミマルが闇隠れでネオラゴーンを翻弄しつつ、攻撃を繰り出す。

キリカのペンダントの中で、ヤミマルが苦痛の声をあげる。

ヤミマル「う……うぅっ……キリカッ……キリカァッ……」


ターボビルダー。

博士「力! 大地! 洋平! 俊介! はるな!」

太宰博士が通信で必死に5人に呼びかける。
そのとき、警報が鳴り響く。

博士「誰かが侵入したぞ!?」
シーロン「あっ……!」

扉が開いて現れたのは──力たち5人の担任、山口先生。

博士「や……ややや、山口先生!?」
山口「太宰博士!!」
博士「なぜこんなところへ!?」


暴魔城。
ネオラゴーンがヤミマル目掛けてガスを吹き付けると、ヤミマルが実体を現す。

ネオラゴーン「ワーッハハハハッ、闇隠れの術、破れたり!!」

隠れるすべを失ったヤミマルに、ネオラゴーンの猛攻が容赦なく炸裂する。

瓦礫に埋もれ、変身の解けた力たち5人が必死に起き上がる。
その目に映ったのは──猛攻を浴び、倒れてゆくヤミマルの姿。

5人「ヤミマルゥ!」


キリカのペンダントの中、ヤミマルの姿が次第に消えてゆく。

キリカ「ヤミマル! ヤミマル!」
ヤミマル「キリカ……キリカ……キリカ──っ!」
キリカ「あぁっ……!? ヤミマルが死んでしまった……ヤミマル! ヤミマル!」


力たちが立ち上がる。

力「ネオラゴーン!!」
ネオラゴーン「まだ生きておったか……!」

生身の力たちに、ネオラゴーンの攻撃が炸裂する。
そしてとどめをさすべく、ネオラゴーンが5人に歩み寄る。

ネオラゴーン「覚悟!!」

もはやこれまでか──そのとき、5人のターボブレスから通信が響く。

「みんな頑張ってぇ!!」

力「はっ……山口先生!?」
はるな「先生!」
洋平「先生……」


ターボビルダーで山口先生が通信で呼びかける。

山口「明日は卒業式よ! みんなに卒業式に出てもらいたくて、ずっと探していたの! 卒業式に一緒に出ましょ!」


先生の声に元気付けられた5人が、力を振り絞って立ち上がる。

力「みんな! 博士も言っていたじゃないか! 18歳の時こそ、人生の中で一番美しく、最高の力が発揮できると!! 俺たち18歳、最後のパワーを今こそ見せてやるんだぁっ!! 行くぞぉっ!!」
4人「おぉっ!!」
5人「ターボレンジャー!!」

5人が最後の変身。

5人「高速戦隊ターボレンジャー!!」

ネオラゴーン「こしゃくなぁ……!」

5人が剣を抜いて次々に斬りかかるが、またもネオラゴーンはことごとく跳ね返す。
やはりその力は絶大だ。
しかしレッドが1人、渾身の力を振り絞ってネオラゴーンに挑む。
猛攻の降り注ぐ中、捨て身で突進したレッドの剣が、ネオラゴーンの喉を貫く。

ネオラゴーン「ごあぁぁっ!?」
レッド「GT──クラ──ッシュ!!」
ネオラゴーン「がああぁぁ──っ!!」

レッドの必殺剣・GTクラッシュが遂に炸裂。

ネオラゴーン「おのれぇ……死なばもろとも、みんな地獄へ落ちろぉっ!!」

ネオラゴーンが杖で床を叩き割る。
空中に投げ出される5人。
しかし空中を舞っていたターボラガーから光が閃き、5人はターボラガーのコクピット内へ転送される。

ブラック「ありがとう、ターボラガー!」


暴魔城から巨大化したネオラゴーンが、ターボビルダーの前に現れる。
視線の先は──ターボビルダーの下の大封印、そしてその中に封印された暴魔たち。

ネオラゴーン「大封印……なんとしてもやぶってくれるわ」

レッド「ターボロボ発進!」
5人「スーパーシフト・スーパーターボロボ!!」
レッド「完成・スーパーターボロボ!!」

ターボロボとターボラガーが合体、スーパーターボロボとなり、ターボビルダーに迫るネオラゴーンに立ちふさがる。

レッド「スーパーミラージュビーム!!」
ネオラゴーン「どわぁぁ──っ!! 暴魔……城──っ!!」

最強技・スーパーミラージュビームがネオラゴーンに炸裂。

大爆発……ネオラゴーンは最期を遂げた。


しかし、その断末魔の叫びに召喚されたかのように、空から暴魔城が出現、ターボビルダー目掛けて飛来する。

山口「こっちへ向かってくるわ!!」
シーロン「あぁっ……!」

5人「合体・スーパーターボビルダー!!」

ターボロボがターボビルダーに合体、最強最後の超巨大ロボ・スーパーターボビルダーとなる。


キリカがペンダントを握り締めて泣き崩れている。
そのペンダントに、再びヤミマルの姿が浮かぶ。

ヤミマル「キリカ……キリカ……」
キリカ「あぁっ……ヤミマル!」

キリカの声がターボビルダーにも届く。

キリカ「生きてる! ヤミマルはまだ生きてる! 撃たないでぇ! ヤミマルを殺さないでぇっ!!」
博士「何、ヤミマルが!?」
ブルー「そんな、どうすればいいんだ!?」
レッド「ぶつかったら、みんなおしまいだぞ!」
イエロー「大封印も破れて、この世は終わりだぁ!」

山口「何ですって、あのヤミマルが流星くん!? 流星くーん!」
ピンク「流星くん逃げて!」
ブルー「流星!」
レッド「流星、今なら間に合う!」
ブラック「流星!」
イエロー「流星!」
シーロン「流星さん!」

キリカ「ヤミマル……ヤミマル──っ!!」

暴魔城の中。
意識を取り戻したヤミマルに、みんなの声が届く。

ヤミマル「あ……俺は……!?」

キリカ「ヤミマル!」
レッド「流星ぃ!」
ブラック「ヤミマル!」
シーロン「流星さぁん!」
ブルー「立て、流星!」
イエロー「流星!」
ピンク「流星くん!」
山口「流星くん!」
博士「流星ーっ!」
キリカ「ヤミマル!」

ヤミマルの脳裏に、人間・流星光としてみんなと出会った日々の記憶が甦る。

ヤミマル「みんな……ほっといてくれ!! お……俺はもはや……生きる価値のない男!! ハハハ……心配するな、暴魔城は俺が破壊してやるぅ!! ハハハハハ……」

高笑いしつつ、ヤミマルが城内で銃を撃ちまくる。

レッド「流星!! 月影さんを1人にする気か!?」
ヤミマル「!?」

ヤミマルの脳裏に浮かぶ、キリカの記憶。
この世でただ1人、自分と同じ境遇を持つ流れ暴魔、キリカ──月影小夜子。

ヤミマル「キリカ……キリカァァ──ッ!!」

キリカ「ヤミマルゥ──ッ!!」

ヤミマルとキリカの想いが通じ合った、そのとき──
キリカの小指から、赤い糸が伸びる。

キリカ「あぁっ……赤い糸が!?」

赤い糸が暴魔城目掛けて伸びていく。

レッド「赤い糸だ!!」
4人「あぁっ!!」

赤い糸が暴魔城の中のヤミマルに届き、彼の小指に結びつく。

ヤミマル「はっ……キリカ!!」

城内からヤミマルの姿が消える。
間一髪、崩壊してゆく暴魔城。


地上。

ヤミマルとキリカが倒れている。
変身が解け、流星光と月影小夜子の姿に戻る。

小夜子「光ぅ……!!」
流星「小夜子……!!」

2人が手を取り合う。

流星「小夜子……!!」
小夜子「光……!!」


レッド「スーパーターボビルダービーム・スタンバイ!!」
4人「OK!!」
レッド「行くぞ暴魔城!! ファイヤ──ッ!!」

最強武器スーパーターボビルダービームが炸裂。

暴魔城が大爆発。


暴魔百族は壊滅した──。


平和に戻った地上。

卒業証書と花束を手にした力たち5人。
そして、去ってゆく流星と小夜子の2人。

流星 (みんな……卒業おめでとう。俺は小夜子の赤い糸に救われた。でもその時、赤い糸だけじゃない、みんなの、多くの見えない糸にこそ、結ばれていることに気づいたんだ)
小夜子 (どんなに遠く離れても、あなた達との間に結ばれた糸は、決して切れることはないわ。ありがとう……ターボレンジャー……)

力「流星……」
洋平「月影さん……」

小夜子「さようなら……」

2人が去ってゆく。


ナレーション「そして、もう一つの別れがあった」

5人のもとにシーロンが飛んで来る。
妖精グラスをつけた太宰博士と山口先生も追ってくる。

博士「先生、先生!」
山口「は〜い!」

シーロン「私……ラキアのそばへ行きます。みんなと、この星をいつまでも見守ってます」
力「さよなら、シーロン……」
はるな「決して忘れないわ……」
5人「さようなら!」
力「シーロン!」
シーロン「みなさんも……お元気で……」

博士「さようなら、シーローン!」
山口「どこにいるのぉ? 見えないわ、どこぉ? どこぉ?」
博士「はい、先生」

博士が、自分の妖精グラスを外して先生の顔にあてがう。

山口「あぁ見えたぁ! シーローン!」
シーロン「フフッ……さようなら!」

シーロンが、星座と化した聖獣ラキアのもとへ昇ってゆく。


ナレーション「妖精の姿を見、声を聞くことのできた5人の若者たちは、18歳の青春を燃やし尽くした。そして今、新たなる未来へ旅立つ。若者達が守ったこの大自然。星や空や太陽、花や鳥、生きとし生けるものすべてに祝福されて!!」


力、大地、洋平、俊介、はるな。5人が新たな生活目指して駆け出してゆく──。


おわり
inserted by FC2 system