戻る TOPへ


仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦のエンディング


仮面ライダーとスーパー戦隊の活躍によって2大組織は滅び去った。

映司「比奈ちゃん」

映司がやってくる。

比奈「映司君!」

映司「心配かけたね」

比奈「よかった……」

ハカセ「ところで、マーベラスの言ってた宇宙最高の宝って?」

ジョー「それならもう手に入れたみたいだ……」

ジョーたちが目にしたのはフォーゼとゴーバスターズだった。

ブルーバスター「ヨーコちゃん」

イエローバスター「リュウさん、ヒロム!」

フォーゼ「いやあ、いいロボだ。さすがだな」

ルカ「あれは……フォーゼと36番目のスーパー戦隊……」

鎧「特命戦隊ゴーバスターズ!」

フォーゼ「お前らもやるな!」

レッドバスター「俺はこれからも戦って勝つよ。絶対に……」

フォーゼ「ああ…… 俺も負けないぜ。そして全てのスーパーヒーローと友達になってみせる! ん、ホラ」

レッドバスターは普通に握手を交わす。

フォーゼ「違うって。こう×3。こうして×2こう!」

アイム「あっ、マーベラスさん」

映司に続いてマーベラスも現れる。

鎧「マーベラスさん!」

鎧がマーベラスに抱きつく。

ジョー、ハカセ、鎧は親指を立てる。

マーベラスと映司が向き合う。

マーベラス「仮面ライダーとスーパー戦隊の友情…… それこそが宇宙最高のお宝かもしれねぇな……」

映司「ああ…… これからも思い切り手を伸ばせば届くはずだ。ライダーと戦隊の、垣根を越えた友情……」

マーベラス「ああ……」

映司とマーベラスは握手を交わす。

ハカセ「これからもよろしくね」

比奈「こちらこそ」

鎧「よろしくお願いします!」

鎧を引っ張るルカ。

比奈「でも、海東さんは?」

ジョー「あいつならあそこだ……」

海東は先ほどの戦いで傷ついてボロボロになっていた。

そこへ士が現れ、手を伸ばす。

海東「同情ならお断りだね……」

士「同情なんかするか…… まぁ、お前が言った通り、俺の作戦にも落とし穴があった。勝負は引き分けってことだ……」

士にカメラを投げる海東。

海東「受け取りたまえ…… 僕にとってはただのゴミくずになった。

士「……」

海東「君は君だけの道を行きたまえ……」

海東は立ち上がるがふらつき、それを支える士。

士「一応伝えとくが……もし俺が、友情ってものを感じたことがあるとすれば、それは……」

海東「よしてくれ! 君のことなど二度と考えたくない…… だが……忘れもしない」

海東が取り出したのはディケイドのライダーカードだった。

士「俺のカード! いつの間に?」

海東が士の元から去る。

ジョー「あいつにも、友情の手が届いたようだ……」

比奈「はい」

ハカセ「多分、ジョーの友情の手も……」

ジョー「どうかな?」

海東は銃の撃ちまねをした後、次元の扉に消える。

イエローバスター「私たちが力を合わせれば、きっとどんな悪にも打ち勝てるよ!」

ブルーバスター「これからも人類平和のため、共に頑張ろうな」

フォーゼ「おう!」

レッドバスター「悪に立ち向かうことに、ライダーも戦隊もないもんな!」

フォーゼ「ああ…… 俺たちの心は、1つだぜーっ!!」

ブルーバスター「ヒロム、ヨーコちゃん」

イエローバスター「え?」

フォーゼ「ほら、一緒に!」

イエローバスター「来た……」

フォーゼ「違うって。ぐーっと×2!」

フォーゼ、ゴーバスターズ「1つだ―――っ!!」

(終)


inserted by FC2 system P5畆