戻る TOPへ

ビーストウォーズU 超生命体トランスフォーマーの最終回


前回までのあらすじ。

ナレーター「アルテミスとムーンの活躍によって、月が移動し、人口惑星ネメシスへの
アンゴルモアエネルギーの流れを止めた。
ライオジュニアは、アンゴルモアエネルギーに取り込まれた、ライオコンボイを救い出す為、
ネメシスへの中心部へと飛び込んだ。
ライオジュニアか?ライオコンボイか?人口惑星の地下より出現したのは、伝説の緑のライオンだった!」



ガルバトロンの前に立ちふさがる緑のライオン。

ガルバトロン「ギガストーム!ライオジュニアを超える愛があるというのなら、弟よ、あの怪しげなライオンを破壊しろ!」
ギガストーム「わ・・・分かったんだな!兄ちゃんに俺の本当の愛を見せてやるんだな!」

こうして、ギガストームの攻撃が始まった。

ギガストーム「テールストーム! アンゴルモアバーン! ヘッドミサイル! ストームキャノン!」

攻撃が次々と緑のライオンに命中する。

ギガストーム「兄ちゃんどうだぁ!これが俺の愛の力なんだな!兄ちゃんの後継者はこのギガストーム様なんだな・・・何ぃ!?」

なんと、緑のライオンにダメージは無かった!反撃する緑のライオン。

緑のライオン「マトリクスタイフーン!」

竜巻がギガストームに直撃する。

ギガストーム「兄ちゃん、ちょっ・・・兄ちゃーん!あ、愛してるんだゾ――――!」


吹き飛ばされるギガストーム。そして、向かい合うガルバトロンと緑のライオン。


                          


                        ― さらば!ライオコンボイ ―



ギガストームに駆け寄るガルバトロン。

ガルバトロン「ギガストーム、しっかりしろ!」
ギガストーム「に、兄ちゃん・・・・ゴメンよ・・・俺、負けちゃった・・・。やっぱり・・・
兄ちゃんみたいには・・・いかないや・・・・。」

涙を流すギガストーム。

ガルバトロン「何を言うか弟よ、見事な・・・見事な戦いであったぞ!」
ギガストーム「ぁ・・・あぁ・・・・・俺、初めて・・・・褒めてもらえた・・・・。嬉しいよ・・・・兄ちゃん・・・・。うッ・・・・・」

力尽き、倒れるギガストーム。

スラストール「ギガストーム様!」
ガルバトロン「うろたえるな!エネルギーが尽きただけだ! 
最後まで愚かな弟よ・・・。しかし、だからこそかわいい弟でもあったのだ。こやつの事は、お前たちに任せるぞ!」

緑のライオンを見るガルバトロン。

ガルバトロン「ギガストームの中に満ちていたアンゴルモアエネルギーを、一撃で吹き飛ばしおったが・・・・なんという力・・・。
しかし、弟よ!そこで見ておれ!あいつはワシが葬り去る! トランスフォーム!」

ガルバトロンは、ドリルタンクに変形した。

ガルバトロン「貴様はライオコンボイの亡霊か? その正体暴いてくれるわ!」

両者はお互いに動き出した!

ガルバトロン「ドリルデストロイヤー!」
緑のライオン「マトリクスライオンアロー!」

ガルバトロンの攻撃は弾き返ってしまう。

ヘルスクリーム「弾かれた・・・?無敵のドリルデストロイヤーが・・・?」
ガルバトロン「この力・・・・惑う事なきエネルゴンマトリクスの力・・・やはり・・・・
生きていたか、ライオコンボイ!」

緑のライオンは、ライオコンボイとライオジュニアに分離。

ライオジュニア(以下、ジュニア)「ライオジュニア、変身!」
ライオコンボイ「ライオコンボイ、変身!」

ライオコンボイ親子は、ロボットモードに変形した。

ダイバー「ホンマにライオコンボイはんや!」
ビッグホーン「えぇ〜っ、感動じゃ〜い!」
タスマニアキッド(以下、キッド)「すごいぜぇ!」
サントン「若、よくぞご無事で!」
スカイワープ「奇跡が起こったんだ!」
アパッチ「ライオコンボイ、自分は・・・自分は・・・自分は信じておりましたぞぉーっ!」

うなずくライオコンボイ。

ジュニア「ライオコンボイ、今がチャンスです!デストロンのやつらを、
一気にやっつけてしまいましょう!」
ライオコンボイ「待て、ライオジュニア!」
ジュニア「えぇっ?」
ライオコンボイ「戦いだけが、解決の方法ではない!」

ガルバトロンの前へ出るライオコンボイ。

ガルバトロン「あのエネルギーの海から生き返ってくるとは・・・さすがはライオコンボイ!
しかもこれほどの力を隠し持っていたとはな・・・。」
ライオコンボイ「ガルバトロン!この力は我われにも未知の力なのだ!」
ガルバトロン「何!?」
ライオコンボイ「あの時、アンゴルモアエネルギーの嵐の中で、私の心とライオジュニアの心は一つになった!」
ガルバトロン「心と心が・・・・一つになっただと!?」
ライオコンボイ「力と力で決着をつけるつもりは無い!なぜそれほどもまでに力を求める!?
お前とならば、話し合いで結論が出せるはずだ!」
ガルバトロン「“力”こそ正義! 宇宙を支配する為には、無限の力が必要なのだ!」
ライオコンボイ「なぜだ!?なぜ支配しようとする!?」
ガルバトロン「圧倒的な力による支配だけが、宇宙に真の秩序をもたらすからだ!
さもなくば、誰もが勝手なことをして、宇宙はメチャクチャなってしまうだろう!」

そこへ、ライオジュニアが割って入る。

ジュニア「違う!そんなことあるもんか!」
ライオコンボイ「うむ!お互いに思いあう心さえあれば、力など無くても、皆ひとつになれるはずだ!」
ジュニア「はい、父さん!僕たちの心が、あの緑のライオンを生み出したように!」
ガルバトロン「サイバトロンである貴様達には、所詮分からん!何と言われようと、
力と力で決着をつけるほか無いのだ!・・・何ぃ!?」

その時、地割れが発生し、中からアンゴルモアエネルギーが噴出したと同時に、タコタンクも姿を現した!

キッド「タコタンクだ!スクーバが帰ってきた!」

タコタンクの中からスクーバが出てくる。

スクーバ「スクーバ、ただ〜いま。」
ライオコンボイ「スクーバ!よかった、時間が掛かっていたので心配したぞ!」
スクーバ「予定通りネメシスの中心部に着いたんだが、そのまま破壊したのだ。
アンゴルモアエネルギーの大爆発で、惑星ガイアまで巻き込んでしまうのでな。」

スクーバは、図を出して解説する。

スクーバ「こう、宇宙へアンゴルモアエネルギーを抜いてしまう穴を開けていたのだ。
この方法なら、大爆発することなくネメシスだけを破壊できるのでな。で、時間が掛かってしまったわけだ。」
ライオコンボイ「聞いての通りだ!ガルバトロン、お前の野望は完全に潰えた!
デストロンの皆も早くこの星から脱出するがいい!」

ダージガン「あらー?アイツあんな事言うてまっせ?」
スラストール「ネメシスと一緒にバラバラなんて素晴らしいやないか!」
ダージガン「え・・・素晴らし・・・・いやいや、それ、アカンやん!」
スラストール「バラとバラや・・・」
ヘルスクリーム「全く、こいつ等どうしようもないわね!」
マックスビー「マックス・ラジャー。」
ヘルスクリーム「いかが致しましょう、ガルバトロン様。奴らの言う通り、ここは一旦退いて作戦の立て直しを・・・」
ガルバトロン「バカモノ!我がデストロンの科学の追を集めたこのネメシスが、
そう簡単に破壊できるものか! 最後までネメシスを守り抜くのだ!トランスフォーム!」

ガルバトロンはドラゴンモードに変形し、飛び去った。

ジュニア「ガルバトロン、どこへ行く!?」
ライオコンボイ「人口惑星ネメシスの中心核に集められた、アンゴルモアエネルギーの所だろう!
皆、先に脱出してくれ!私はガルバトロンを追う!」
ジュニア「待って、ライオコンボイ!僕も行くよ!僕がいなきゃ、あの緑のライオンにはなれないはず!」
ライオコンボイ「しかし・・・」
ジュニア「ライオコンボイ!」
ライオコンボイ「・・・・うむ!私に続け、ライオジュニア!」
ジュニア「はい!」

ライオコンボイ親子は、ネメシスの中心核へと飛び込んでいった!

サントン「若ぁーっ!」
スカイワープ「待て、サントン!もう若を追う事は無い!我らのお供としての役割は、今終わった!」
サントン「しかし・・・」
スカイワープ「若は、ライオジュニアは、我々の手を離れ、ライオコンボイに一人前の戦士として、
認められたんだ!」
サントン「うむ・・・。嬉しいような・・・寂しいような・・・複雑な気持ちだゾウ!」

ダイバー「でも、脱出しろぉ言われましてもなぁ・・・・。」
ビッグホーン「乗って来た宇宙船はもう無いんじゃーい!」
キッド「今、空を飛べる人って、スカイワープだけだよなぁ・・・。」
アパッチ「ライオコンボイが戻ってくるまでに、準備だけはしておかないと・・・」
ビッグホーン「準備と言ってもなぁ・・・」

その時、デストロンのミサイルがサイバトロン一同目掛けて落ちてきた!

ビッグホーン「なんじゃこりゃぁ!?」
ヘルスクリーム「ホーッホッホッホー!そんなことで悩まなくてもいいようにしてあげるわ!」
アパッチ「何のつもりだ!?もう戦いは終わったんだぞ!」
ダージガン「ハッ!勝手なこと言うたらあかんで!うちの大将はまだ諦めてないんじゃァ!」
スラストール「せや!ワテらが先にゴメンなさいするわけにはいかんのやぁ!」
ダイバー「はよ逃げんと、あんさんらだって爆発に巻き込まれてしまいますのやでぇ!?」
ヘルスクリーム「心配してくれなくても大丈夫よ!だって私達は・・・みんな飛べるんだもん!」
キッド「ずりーぞ!おめえら!」
ヘルスクリーム「ガルバトロン様が戻られるまで、ザコ共を掃除しておくのよ! テラーストーム!」

こうして、サイバトロンとデストロンの最後の戦いが幕を開けた!

アパッチ「分からず屋めぇ!」
ダイバー「やったるでぇ!」
マックスビー「テイルハンマー!」
ビッグホーン「うるさいんじゃゴラァ!」
キッド「食らえぇ!!」
ダージガン「ニードルランチャー!」
スカイワープ「スカイミサイル!」
サントン「そいやぁーっ!」
スラストール「ダイノミサイル!」

そして、ネメシスに近づいてくる月。

ムーン「ネメシスが・・・ネメシスが来るムーン・・・。」
アルテミス「きっとライオコンボイと、ライオジュニアがやっつけてくれるわ・・・。
惑星ガイアは助かるのよ・・・・。」
ムーン「ガイアが・・・助かるムーン・・・。」
アルテミス(ネメシスは、アンゴルモアエネルギーを求めて、まだ動き続けている・・・。
急いで、ライオコンボイ!私達の命の尽きる前に・・・・。)

ネメシス内。

ライオコンボイ「あそこか!」

中心核のなかに、ガルバトロンはいた。

ガルバトロン「来たか、ライオコンボイ!」

到着するライオコンボイ親子。

ライオコンボイ「ガルバトロン!この星は爆発するんだ!もう戦う意味は無い!」
ガルバトロン「そんな事を言うために、ここまで追いかけてきたわけではあるまい!見るがいい、我が真の力を!」

すると、周囲が光りだした。

ジュニア「な、何だ!?」
ライオコンボイ「まさか、この全てを!?」

エネルギーがガルバトロンの体内へ吸収されていく。

ガルバトロン「フハハハハハハ!! 力が、力が我が体内に満ちてくるぞ!」
ライオコンボイ「ガルバトロン、やめろ!お前の体がアンゴルモアエネルギーに耐えられなくなるぞ!」
ガルバトロン「破壊大帝ガルバトロンに、不可能は無い!ヌハハハハハハ・・・・・フワーッハハハハハハ!」

ガルバトロンの体が数倍に膨れ上がっていく。

ライオコンボイ「おぉ・・・。」
ガルバトロン「ハハハハハハハハハッ!」

巨大化したガルバトロンがライオコンボイ親子に迫る。

ガルバトロン「喜ぶがいい!我が無限の力を持って、宇宙に真の平和を与えよう!
お前たちサイバトロンが望んでも叶わぬ平和をな!」
ジュニア「やめろ!力による平和なんか、誰も望んでない!」
ライオコンボイ「その前にお前の体が・・・!」
ガルバトロン「うるさい!」

アンゴルモアファイヤーを放つガルバトロン。それをかわすライオコンボイ親子。

ライオコンボイ「なんていうパワーだ・・・。」
ジュニア「アンゴルモアボール!」

しかし、ガルバトロンは、アンゴルモアボールを吸収してしまう。

ガルバトロン「フハハハハ・・・それで攻撃しているつもりか!?」
ライオコンボイ「やめろライオジュニア、今のガルバトロンを攻撃しても無駄だ!」
ジュニア「でも、このまま放っておいたら・・・。」
ガルバトロン「フン、ヌハハハハハ!まだまだ終わりではないぞ!力だ、誰も逆らえん、絶対の力!
無限の力を手に入れるのだ!」

ジュニア「このままじゃ、ライオコンボイの言う通り、大爆発してしまうよ・・・。」
ライオコンボイ「非常に危険な作業だが、アンゴルモアエネルギーをマトリクスの力で作った、
無数のシールドで分断するんだ!そうすれば、全体が同時に爆発するのを防ぐことが出来る!!」
ジュニア「やろう、ライオコンボイ!たとえどんな危険があっても、宇宙の平和の為には必要なんでしょ?」
ライオコンボイ「え?」
ジュニア「僕たちサイバトロンは、そのために生まれたんだ!そうでしょ?ライオコンボイ!」
ライオコンボイ「その通りだ!お前に教えられるとはな・・・・。」
ジュニア「ゴ、ゴメン・・・」
ライオコンボイ「いや、私は嬉しいんだ。いくぞ!我が息子よ!」
ジュニア「はい!父さん!」

その時、二人のエネルゴンマトリクスが輝きだした!

ガルバトロン「お前たちに、ワシの神聖な目的を邪魔されてたまるか!アンゴルモアファイヤー!」

しかし、それを弾き返すライオコンボイ親子。そして・・・!

ナレーター「ライオコンボとライオジュニアの心と心がつながった時、エネルゴンマトリクスは真の輝きを放ち、
二人のエネルゴンマトリクスが完全に膨張した時、伝説のライオンが生まれるのだ!」

降り立った伝説の緑のライオンが、ガルバトロンの前に立ちふさがった。

ライオコンボイ「ライオジュニア、エネルゴンマトリクスのパワーを最大に!」
ジュニア「はい!」
ガルバトロン「な、なんだこれは!?」

ガルバトロンの体内に、次々と入っていく無数のシールド。

ガルバトロン「何だ、何が起ころうとしているのだ!?」

一方、ネメシスの上では・・・

ヘルスクリーム「ハッ、なんてしぶといヤツらなの!?」
マックスビー「ラジャー・・・・。」
アパッチ「クソッ、まだですかライオコンボイ!」
キッド「そろそろここもヤバイよ!また移動しないと!」
アパッチ「もう逃げる所なんか無いぞ!」
スクーバ「いや、ここにあるよ〜」
キッド「スクーバ!」

なんと、スクーバがデストロンの要塞宇宙船に乗り込んでいたのだ。

スクーバ「皆、これに乗るんだ!」
ダージガン「ああー!あれワテらの要塞宇宙船や!」
スラストール「ドロボー!交番どこやー!」
ヘルスクリーム「あんた達、正義の味方がそんな事していいと思ってんの!?」
マックスビー「ラジャ、ラジャー!」

スクーバ「あら、いけなかった?んじゃ壊そっと」
ヘルスクリーム「ふざけんじゃないわよ!」
ダージガン「しかし、ヘルスクリーム!そろそろしお時かもしれんで?」
スラストール「ワシらも逃げた方がええんちゃうか!?」
ヘルスクリーム「ダメよ!ガルバトロン様が戻られるまでは!」
スラストール「せやけどぉ!」
ヘルスクリーム「いい?あんた達、よく聞きなさい!私も少し前までは、いざとなったら自分だけは守ろうって、
そんなつもりで戦ってた・・・。で、ガルバトロン様を見ていて思ったの・・・」

・・・とそこへアンゴルモアエネルギーがギガストームの足にかかる。そして・・・・、

ギガストーム「だぁーっ!あーっちゃちゃちゃちゃ!・・・・あ・・・、エ、エネルギーを・・・・。」
ヘルスクリーム「いいトコだったのになぁにさらしてくれんのよ!?」

一方スクーバは・・・

スクーバ「爆発の時間なのに、ライオコンボイとライオジュニアはまだか?
ん?おっ?月がこんな近くに・・・。」

月の中。アルテミスは必死に祈っていた。

アルテミス(ライオコンボイ・・・もう時間が無いわ・・・ライオコンボイ・・・・!)

ネメシス中心核。

ガルバトロン「体が、体が引き裂かれる!?」
ナレーター「エネルゴンマトリクスの力により、ガルバトロンの体内の
アンゴルモアエネルギーはシールドされ、小さなカプセルに分けられていった。」
ライオコンボイ「もう少しだ、ライオジュニア!
全てのアンゴルモアエネルギーを、カプセルの中に封じ込めるんだ!」
ジュニア「はい!父さん!」

その時、爆発が起きる。

ジュニア「これは!?」
ライオコンボイ「スクーバの仕掛けだ!ネメシスは爆発しようとしている!」
ジュニア「僕たち間に合わないのか!?」
ライオコンボイ「最後まで諦めるな!惑星ガイアを救う為に!」
ジュニア「はい!うおぉぉぉぉぉっ!」

ガルバトロンの体にヒビが入っていく。

ガルバトロン「バカなッ!?このワシが・・・破壊大帝ガルバトロンが・・・ヌァァァァァッ・・・・・」

要塞宇宙船の上。

キッド「皆見ろ!なんか来るぜ!」

ネメシスから次々とアンゴルモアカプセルが飛び出していく。

ギガストーム「ぐぁぁぁぁっ!兄ちゃん!」
ダージガン「ちょっと、おとなしゅうしといて!」

ビッグホーン「こりゃあ、一体・・・。」
ダイバー「何や・・・綺麗でんな・・・。」

遂に爆発するガルバトロン。

ガルバトロン「ぐああああっ!」

そして、人口惑星ネメシスも・・・?

スカイワープ・サントン「若ぁーっ!」

再び、ネメシスの中心核。

ロボットモードになった緑のライオン。

ジュニア「ライオコンボイ、大丈夫ですか?」
ライオコンボイ「私は大丈夫だ。それより・・・ん?」

ガルバトロンは生きていた。

ガルバトロン「ぬ、ぬうぅ・・・。」
ライオコンボイ「生きていたか、ガルバトロン!さぁ、早く脱出を!」
ガルバトロン「寝言を抜かすなライオコンボイ!これを見ろ!」

ガルバトロンの胸の結晶が赤く輝く。

ライオコンボイ「それは!?」
ガルバトロン「我が体内に残されし、最後のアンゴルモアエネルギー!
全宇宙とはいかぬが、貴様らを道連れにするには、十分な力よぉ!」
ライオコンボイ「何故だ!?ガルバトロン!なぜ!?」
ガルバトロン「言うな!さぁどうするのだ?ライオコンボイ、ライオコンボイ!」

緑のライオコンボイが立ち上がった。そして、ライオンクローを取り出す。

ガルバトロン「ぬはははは!そうだ!それでいい!来い、ライオコンボイィ!」
ライオコンボイ「うおぉぉぉっ!」
ガルバトロン「ぬおぉぉぉっ!」

そして、ライオコンボイとライオジュニアは分離した。

ガルバトロン「ぬわにぃ!?」
ライオコンボイ「ライオンクロー!」

ライオンクローは、ガルバトロンの胸の結晶を砕いた。

ガルバトロン「ぬぅ・・・見事だ・・・ライオコンボイ・・・ぬおおおおおおっ!!」

ガルバトロンはライオコンボイに倒され、月とネメシスは衝突した。

ナレーター「すさまじい爆発の末、人口惑星ネメシスと月は、一つの天体となり、
惑星ガイアを回る軌道に乗った。ほとんどのアンゴルモアエネルギーは、シールドにより、
無数のカプセル分けられ、宇宙に散っていった。その為に、惑星ガイアには影響が及ぶ事は無かった。」

(※補足 この宇宙に散らばったアンゴルモアカプセルを続編の『ネオ』にて、ビッグコンボイ部隊が回収していくことになる)

アルテミス「ぷはぁっ!あたしこんな所で何してんのかしら?てゆーか、ここはどこ?・・・ああー!!」

アルテミスは残骸の中から、ムーンのロボットモードの顔を・・・

アルテミス「ムーン!ムーン、どうしてこんな姿にー!?」
ムーン「それ尻尾だムーン!」

ムーンの尻尾はロボットモードの顔だった。

アルテミス「ムーン!よかったぁ、ムーン!」
ムーン「どうやら、全部終わったみたいムーン・・・。アルテミスも元に戻ったムーン!」
アルテミス「え?あたしがどうかした?」

どうやら、アルテミスには祈っていた時の記憶が残っていなかった模様。

ムーン「何でも無いムーン。」
アルテミス「ああー!!」
ムーン「何だムーン?」
アルテミス「皆は!?サイバトロンとデストロンの皆は!?」
ムーン「大丈夫ムーン!ライオコンボイは、絶対負けないムーン!」
アルテミス「うん!そうよね!ライオコンボイも、あたしのスクーバ様も、ヘルスクリーム様も元気よね!!」
ムーン「あらら・・・」

一方その頃・・・。

キッド「あれ?ここはどこだ?」
ダイバー「ワテら、爆発に巻き込まれて、壊れてしもうたんでしょうか・・・」
ビッグホーン「でぇ〜い!天国にしては殺風景なんじゃ〜い!」
アパッチ「ライオコンボイ、ライオコンボイはどちらに?」
スクーバ「あら?タコスミ吐いたっけ?」
サントン「若、やはりまだ早かったのか・・・。」
スカイワープ「戦いはどうなったんだ!?惑星ガイアは!?」

すると、ライオコンボイ親子が姿を現す。

ライオコンボイ「惑星ガイアは、救われた・・・。」
ジュニア「皆も生きているよ。」
サイバトロン一同「ライオコンボイ!」
アパッチ「一体どうされたんですか?」
ジュニア「ネメシスが爆発した時、ライオコンボイが最後の力で皆を助けたんだ!」
キッド「じゃあ、俺達本当に助かったんだ!」
スクーバ「では、この摩訶不思議な空間は?」
ライオコンボイ「ここは、爆発のエネルギーで生まれた、ワームホールだ。」
ダイバー「にへぁ!?宇宙に生まれた異次元の通路でっか!?」
ライオコンボイ「そうだ。だが見ろ!」

宇宙の彼方で何かが光る。そして、光の道が降りてくる。

ジュニア「父さん?」
ライオコンボイ「光が我々を導いてくれる!サイバトロンの正義を必要としている、次の戦場へ!」
ジュニア「行こうよ、父さん!」
ライオコンボイ「うむ!」

ここで、ライオコンボイが視聴者に言う。

ライオコンボイ「君達の宇宙とは、しばしお別れだ。だが我々の戦いは終わらない!
いつか何処かできっとまた会おう!よし、明日へ向かって行くぞ!」
サイバトロン一同「オォー!」

サイバトロン副指令・アパッチ。
サイバトロン突撃員・ビッグホーン。
サイバトロン陽動員・タスマニアキッド。
サイバトロン守備隊員・ダイバー。
サイバトロン水中工作員・スクーバ。
サイバトロン音速教官・スカイワープ。
サイバトロン医学博士・サントン。
サイバトロン野生闘士・ライオジュニア。
サイバトロン総司令官・ライオコンボイ。

サイバトロン達は新たなる戦場へ、今旅立つのだった―――。


ビッグホーン「バイバイじゃ〜い!」
サントン「さよならだゾウ!」
キッド「じゃぁなぁ〜!」
ギガストーム「俺もいるんだなぁ!」

                 
                     

                       いままで応援ありがとう



                   
                   

                   【そして戦いは、「ビーストウォーズネオ」へ続く】



inserted by FC2 system