戻る TOPへ

炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャーのエンディング
 
 
ゴーオンジャーとゲキレンジャーの活躍でロンバンキの野望は打ち砕かれた。
 
理央が慟哭丸をジャンに投げる。

メレ「なんて顔してんのよ。私は久々に……理央といろいろできてすっごい幸せだったんだから!」

ラン「メレ……」

メレ「理央様や私の分までしっかり修行すんのよ! バエ……あんたもくたばんないでよね」

バエ「メレさん……」

ジャンたちの元に走輔たちが合流。

メレ「さ、理央様!」

理央「約束、忘れんな!」

ジャン「忘れるもんか! また、会えるときまで…… 俺、強くなり続けるからな!!」

理央とメレは消えていった。

ジャン「ゴーオンジャー! お前たちのおかげで、慟哭丸元に戻せた。ありがとな!」

走輔「俺たちこそ、お前らのおかげで相棒を取り戻せた。サンキューな!」

2人は手を組む。

走輔「俺たち2大戦隊が手を組めば!」

ジャン「バリバリのムテムテだな!」

ラン「最強で無敵ってことね?」

ジャン「その通り!」

走輔「なるほどな!」

ケン「そいつはいいな」

ジャン「よーし。パーティー行くぞ。パーティー!」

その夜、なつめの誕生パーティーが行われていた。

一同「なつめちゃん! お誕生日、おめでとう!!」

なつめ「みんな、ありがとう……」

バエ「おいしそう…… インド料理以外の食べ物は久し振りです!」

炎神たちも楽しんでいた。

連「ゴーオンジャーからの誕生日プレゼント。特製エッグタルトっス!」

軍平「俺…… 卵の買い出し係、やったんだぜ!」

なつめ「ありがとう!」

美羽「はい。これは私と兄から……」

なつめ「ありがとう!」

大翔「これはこいつの手作りだ」

なつめ「すごーい!」

レツ「ファンタスティック! 君、センス抜群だね」

なつめ・美希「うん!」

ジャン「すげぇな…… 誕生日って、ワッキワキなんだな! 俺も誕生日ほしいなぁ……」

ラン「そっか…… ジャンは自分の誕生日、わかんないもんね」

ジャン「うん……」

範人「じゃあ今日にしちゃえば!?」

ジャン「ん?」

ケン「何で今日なんだよ!?」

走輔「俺たちと初めて出会った記念日が今日だから!」

ゴウ「なるほど…… 参ったぜ……」

美希「記念すべき、スーパー戦隊誕生日ってことね!?」

シャーフー「うむ、それはまさにいい。まさにワキワキじゃな」

ボンパー「ワキワキの、ボンボンだ!」

バエ「ボンボン! でございますです」

早輝「んと…… 楽しくて素敵ってことね!?」

ジャン「だな。俺もわかったぞ。ボンボン!」

範人「イエーイ!」

走輔「イエーイ!」

スピードル「なぁ相棒! 出会いって素敵だな……」

走輔「なんだよ急に!?」

スピードル「急じゃねぇよ。これからも、よろしく頼むな……」

走輔「ああ…… ドルドルの、ワキワキだぜ!! おっ!」

一同は賑やかな夜が過ごしてゆく。
 

THE END
inserted by FC2 system